【花とアリス殺人事件】形而上学?奇抜さと実存主義の融合?すいません、日本語でお願いします。 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【花とアリス殺人事件】形而上学?奇抜さと実存主義の融合?すいません、日本語でお願いします。

hana-to-alice.jpg
©️花とアリス殺人事件製作委員会

『花とアリス殺人事件』は『Love letter』や『スワロウテイル』で有名な映画監督、岩井俊二氏の実写映画『花とアリス』の前日譚を描いたアニメーション映画で、実写版と同じく、本作も岩井俊二氏が監督・脚本を担当しています。
キャラクタの動きや演技が、実写映画監督らしい仕上がりとなっており、他のアニメ作品とは少し趣の異なる映画となっております。
小説家の乙一氏によるノベライズまでされており、岩井俊二・乙一両氏のファンである私に取っては、なんとも豪華なコラボ作品です。

スポンサードリンク


『花とアリス殺人事件』海外の反応


評価:★★★★★★★★★★
近年の岩井俊二の最高傑作


この映画は、14歳の少女の、冒険心、風変わりな想像、物事に当たる不器用さを見事に描いている。
僕自身似たような環境で育ったから(10年も前の話だけど)、その懐かしさと、あどけなく純粋なキャラクターたちに元気付けれらたよ。

画面を見てくれよ!
そこに描かれた空はとてつもなく美しいだろう。
背景は微に入り、目に優しい。
キャラクターたちは、他の日本アニメと比べると、まるでラフなスケッチのようだけど、その画風はストーリーによく合ってると思う。

名作『ラブレター』や『四月物語』を生み出した、繊細な魂の持ち主である岩井俊二監督は、2004年作の『花とアリス』の主役たちを、この小さいけれど、内容豊かなストーリー(バレーや、学校に巣食うカルト、殺人事件の捜査なんかに関してだ)で再登場させた。
2004年版の映画を見てなくても大丈夫さ。
今作は全く新しい話で、時系列的にも前作以前に設定されているから。
映画は、アリスが多くの人と関わり、人間関係を構築していく様を描いている。
それは愉快だったり(カルトのリーダー)、感動的だったり(中年の男)、そして花との出会いは全く別の特別なものだ。
やり過ぎた感のある設定にも関わらず、ミステリーパートの解決は理に叶っているね。

キャラクターを抱きしめたくなるような、笑える、素晴らしい作品だ。
岩井俊二監督は絶好調みたいだね。



評価:★★★★★★★★★☆
バレーと美とミステリー


このアニメは斬新で自由だ。
新しい町、新しい学校に越して来たばかりの少女、アリスの苦難を描いている。
彼女は、最近起きた出来事の厳しい事実と、それにまつわる嘘を見つけるが、その余波はその後も学校生活に影響を与える。

物語は君の想像を掻き立て、キャラクターに素晴らしい深みを与えている。
物理的にも形而上学的にも美しい色合いで描かれ動いている。
静けさの瞬間と、バレーの基本美学のような動きと美が絡み合っている。

奇抜さと実存主義の本質との稀に見る混ざり合いで、力強い話運びとともに、素晴らしい芸術を生み出している。

ストーリーに関しては、『オールド・ボーイ』を想像してほしい。そのテーマを暴力と復讐からティーンエイジャーと愛に変えるだけだ。
しかしその物語のトーンは、屈託がなく、知的で、芸術的で、そして感情的なものだ。

私たちが日本に期待しているトップレベルのアニメに新たな名作が加わった。
この驚くべき傑作の、脚本・監督・編集・更には音楽まで担当した天才、岩井俊二の手によって。


花とアリス殺人事件 [Blu-ray]



評価:★★★★★★☆☆☆☆
悪くない映画だけど・・・


これは二人の十代の少女がどのように友達になったかという、興味深いちょっとした物語です。
キャラクターの仕草や話し方からは、本物っぽい感情が見て取れます。
この映画は日本の日常生活にある驚くような予想もしない感覚を与えてくれます。

この映画を他から際立たせている特徴は、私にとって鼻につくものです。
見ていて2013年の悪の華を思い出すんです。どちらもロトスコープ(実写を一コマずつトレースしてアニメを作る技法)で作られたアニメですから。
しっかりとしたストーリーを持った映画ですし、アニメじゃなくても良かったと思うんです。
アニメは可愛い色調を各場面に与えていますけど、それが不要なものに思えるんですよね。
実写で同じ物語を作っても出来上がってくるものはあまり変わらなかったんじゃないでしょうか。

アニメで描かれたという事実は、人を惹きつけたり遠ざけたりする重要な要素かもしれないけど、そうあるべきじゃないんです。
これはありがちな高校生活アニメではありません。
たまたまアニメになった映画。ただそれだけです。

要約すると、二人の少女の忘れがたい青春時代の可愛い冒険ってとこですね。
ティーンエイジドラマや日本に興味があるなら、気に入るんじゃないかしら。


翻訳元:ttps://goo.gl/es14Aw
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント