【スレイヤーズ7巻・8巻】第一部終了。海外からは続刊を望む声多数。 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【スレイヤーズ7巻・8巻】第一部終了。海外からは続刊を望む声多数。


今回も引き続き小説『スレイヤーズ』の海外の反応です。

関連記事:【スレイヤーズ1巻・2巻】ライトノベルの金字塔は海外でも受けたか?
関連記事:【スレイヤーズ3巻・4巻】「キャラに魅力がないからアニメ版で削られたのは仕方がない」若干1名扱いの酷い海外の反応
関連記事:【スレイヤーズ5巻・6巻】レビュー欄でバトルを開始する海外の人たち

今回は7巻・8巻。
8巻で第一部終了となり、日本では第二部に続くのですが、米国では第一部しか販売されていないので、今巻を持って終了です。
日本では新装版としてシリーズが再販されてますが、8巻は旧版の表紙が格好いいんですよね。

スポンサードリンク


『スレイヤーズ7巻:魔竜王の挑戦』海外の反応


評価:★★★★★
スレイヤーズ


これはスレイヤーズ小説の7巻よ。
彼らは8巻までしか翻訳しなかったの。
最後の2巻はとても貴重なの。
以前探した時は見つからなかったわ。
今回手に入れられてとても幸せよ!



7巻はレビューがほとんどなかったのでこれだけ。
続いて8巻です。

『スレイヤーズ8巻:死霊都市の王』海外の反応


評価:★★★★★
革命(Revolution)万歳


彼女がこの仕事に携わったのか、いや、彼女がまだTokyoPopで働いているのかすら分からないが、TokyoPopの社員の1人としてこのシリーズの行く末を気に掛けていた編集者Karaに、第1部終了となる7、8巻を無事に送り出してくれたことを祝し、賛辞を送りたい。
『フルメタパニック!』でもそうであったように、TokyoPopが9巻から15巻を発売するかは分からない。
しかし、最近Funimationが、アニメ4・5期の『スレイヤーズRevolution』と『スレイヤーズEvolution-R』のライセンス契約を結んだことで、多くのアニメファンが生まれるだろう。

もし君が、スレイヤーズ世界が好きなら、あるいはアニメを見て育ったのなら、この小説はまさに君のためのものだ。
これは2008年に発売された最新刊で、続刊に関してTokyoPopは「どうなるか見守っていてほしい」というスタンスだ。
書店は注文しない限りこのシリーズを入荷しないだろう。
経済的な理由で漫画市場は縮小している。
残念なことだ。

残念なことに翻訳は簡略化されたものだが、作品に生きるユーモアは失われていない。
アクションも健在だ。
世界観は十分に説明がなされていないが、アニメを参照することはできるだろう?
ロード・オブ・ナイトメアの件から、私たちはこの世界の神と魔物のヒエラルキーや歴史にある程度通じている。
アニメで省略されたキャラの側面を見るためだけでも買う価値はある。
新しいファンも従来のファンも、彼らの仕事をサポートしてほしい。

54巻(訳注:本編ではなく外伝もカウントしている)の内の最初の8巻は、アニメ1・2期しかカバーしていない(1,000年に及ぶ魔族の結界は消え去り、今4人組は外の世界を自由に冒険できるんだ)。
それでも、よく考え抜かれたファンタージ世界に導いてくれる、真摯で素晴らしい出版をしてくれたことを考えると買う価値がある。


【合本版】スレイヤーズ 全15巻<【合本版】スレイヤーズ> (富士見ファンタジア文庫)



評価:★★★★☆
続きがないのがとても残念!


小説版は、人気作となったアニメシリーズの原作よ。
とても面白いし、シリーズのファンだけでなく、ファンタジーもののファンみんなにオススメするわ。
上手く書かれていて引き込まれるわ。

一つだけ問題なのは、TokyoPopは『スレイヤーズ』シリーズ15巻すべてを出版するのに利益がないと考えていることよ。
現時点では、続刊の発売は予定してないみたい。
気が変わってくれると良いんだけど、TokyoPopは人の期待を裏切ることで有名だから期待しないことにしとくわ。



評価:★★★★★
続刊も出してくれ!!!


『スレイヤーズ』はとても素晴らしいシリーズだ。
アニメから入ってとても楽しんだし、小説を読むことでストーリー全体を全く新しい視点から捉えられた(小説版がアニメ版と全く別物というわけではないよ)。
小説の構成は子供向けだけど、それでもコメディパートには笑わされたね。

10年の時を経て、今日本ではアニメ4期『スレイヤーズRevolution』が放映されてる。
TokyoPopが小説の出版に関して考え直してくれると良いんだけど。。
だって、Revolutionがアメリカに届けば、スレイヤーズのファン層は拡大するんだしさ。
9巻以降も出してくれるのを期待してるよ。


翻訳元:ttps://goo.gl/JmHwU9 / ttps://goo.gl/x8MYXG
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

こうゆのみると日本に生まれてよかったなと思うなあ…

2016-11-23 00:58 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/14-f2d377b4