【心が叫びたがってるんだ。】海外「感動的で美しい。胸が張り裂けるような映画」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【心が叫びたがってるんだ。】海外「感動的で美しい。胸が張り裂けるような映画」

今回取り上げるのは『心が叫びたがってるんだ。』
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の作製を手掛けた『超平和バスターズ』が再集結して制作されたアニメ映画です。



スポンサードリンク


『心が叫びたがってるんだ。』海外の反応


評価:★★★★★★★★★★

今までのところ725人のメンバーがこのアニメを見たみたいだ。
「ワオ。銀河英雄伝説より少ないじゃないか」って君は思うかもしれないね。
でも、これを聞いたらどうかな?
「君はとてもすごい何かを見た特別な725人(いや、君が見たなら726人だね)の1人になれるんだ」
僕の話を聞く気になったかい?

現在のところ、161人、つまり21%のメンバーがこのアニメに星10個の評価を付けている。それには理由がある。

まずはストーリーから話そう。
基本的な設定を説明すると、まず成瀬と言う名前の女の子が丘の上に豪華なお城を発見する。
彼女は好奇心から、見るべきでないものを見てしまうことになる。
彼女の父親がお姫様のような女性と一緒にお城から出てきたんだ。
興奮した成瀬は、母親に丘の上のお城のこと、そこからお姫様と一緒に出てきた父親のことを母親に話す。
成瀬は言うべきでないことを言ってしまったため、彼女の父親は家から追い出され、家族は崩壊することになる。
そこに魔法の卵の王子様が現れ、彼女の言葉を封じる。
彼女はこれ以上誰かを言葉で傷つけたくないと願ったからだ。
しかし、彼女はミュージカルで歌うことになり、事態が一変する。
驚いたことに、彼女は歌を通してなら、気持ちや考えを表すことができるんだ。

物語の骨子は、彼女と、学校のミュージカル劇に嫌々参加することになった周囲の人間の変化にある。
その中の1人、野球部のキャプテン田崎、そして残りの2人、坂上と仁藤は、わずか1時間59分という時間の中でよく表現されているね。
ドラマチックな衝突もうまく展開されてる。冒頭の坂上と田崎の間で生じる緊張感、田崎と野球部メンバー間の衝突、それから成瀬、坂上、仁藤の三角関係。
本当に楽しんで見たよ。
もっと詳細に話してもいいんだけど、ネタバレになっちゃうからやめとくよ。

言及しておきたいのは、ストーリーとキャラクターの成長にとても説得力があるという点だ。
特にメインキャラクターでもある成瀬は、静かで目立たない少女から、徐々に、他人に立ち向かい自分自身を表現するように変わっていき、時には自分の気持ちを叫び、歌い出したりするようになるんだ(この作品はちょっとミュージカルっぽい、と言うか、少なくとも音楽を題材にしている)。

この手のストーリーでは芸術面はそんなに重要ではないけど、その点から見ても悪くない。
次は音楽についてだ。
登場人物たちが歌を作ったり歌ったりしてるシーンね。
作中には「虹の彼方に」の日本語版で、歌詞を成瀬が言葉にしたい感情や考えに置き換えた曲の演奏シーンがある(彼らが演じるミュージカルも、成瀬の物語をより子供向けにアレンジしたものとなっている)。
この曲は作中で何度も流れるわけじゃないんだけど、彼らがミュージカルの中でこの曲を歌っているシーンでは、自然と涙が溢れてきたよ。
見る者の感情を喚起すると言うのは多くのクリエイターたちが目指すものだが、この点に関して彼らは本当に上手くやったよ。

全体的に見て、この映画はドラマチックで心温まる、見る者の感情に訴えかけるものだ。
726人の心に残るだろう、エンターテイメントの美しい1片だ。
「あの花」の作者に、他の何を期待するって言うんだい?

君がこの作品を見るかどうかを決めるに当たって「ドラマ性」と言うのは重要な要素だ。
個人的にはこの作品はよく出来ていると思うけど、もし君が高校ドラマ的なものが苦手なら、見るべきではないと思う。
ハンバーガーが嫌いな人がそれを無理に食べる必要はないだろう?



評価:★★★★★★★★☆☆
心の傷を乗り越え前に進む、胸の張り裂けるような映画


この映画はとても感動的で美しいわ。

映画は崩壊した家族を持つ思春期の女の子が持つ困難を美しく描いてるの。
両親の離婚による心の痛みと、その責を負わされることには耐え難いものがあるわ。
全編を通して、主人公はトラウマを克服し人として成長していくの。

とても優しく、独創的なストーリーよ。
映像は綺麗で、物語は人間ドラマ的なジャンルなのに、おとぎ話みたい。

言葉と歌の持つ力が全編を通して鳴り響くの。
本当に面白かったわ。


翻訳元:ttps://goo.gl/sQ5R8o / ttps://goo.gl/H7LPa9
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント