【映画けいおん!】海外「この映画の全てを愛してる!」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【映画けいおん!】海外「この映画の全てを愛してる!」

K-on-movie.jpg
©️1995-2016, Tokyo Broadcasting System Television, Inc

今回は日常ものアニメとして大ヒットを飛ばした『けいおん!』の映画版『映画けいおん!』です。
学園日常アニメとしては、最終回で卒業というのは綺麗な終わり方で良かったと思うのですが、映画版では「卒業旅行」がテーマということで、なるほど、これなら引き伸ばしだとか、蛇足だとかの批判も受けにくいので、上手いことやったなぁ、という感じです。
その後、原作漫画は続編が描かれたようですが、こっちはアニメ化されないところを見るとあまり評判が良くなかったんでしょうか・・・。
では、『映画けいおん!』の海外の反応を見てみましょう。

スポンサードリンク


『映画けいおん!』海外の反応


評価:★★★★★
ファンにとっては夢の到来


独立したアニメ映画を探してる人には残念だろうけど、これは明らかにシリーズのファンに向けて作られた作品だ。
シリーズの1エピソードを1時間45分に拡張したものだ。
シリーズを見た者にしか分からない内輪ネタもあるし、プロットには登場人物の対立とか確執みたいなのはない。
実際、最初の数分はそれをネタにしてるぐらいだしね。

さて、君がシリーズのファンなら、これはまさに夢の実現、って感じだろう。
主要キャラは全員登場するし、サブキャラたちも十分な時間画面に出てくる。
プロットはシーズン2で話題に上ったロンドン旅行に関してだけど、同時に彼女らが卒業時に後輩のために贈る歌の作曲に関してでもある。
甘くて、感傷的で、君が期待している全てがある。
更に、シリーズ内で出てきた歌の全てがどこかしらに挿入されてるんだ。

アニメーションはTVシリーズでも十分に素晴らしかったが、更に発展して美しくなっている。
ロンドン旅行は成功に終わり、そこに行ったことがある人なら見覚えのある風景が愛情を込めて再現されている。
それらのシーンではCGがちょっと目に付くけど、これは僕が持ってるCGに対する偏見のせいかもね。

ブルーレイのクオリティは素晴らしい。
アニメーションは息を飲むほどで、いくつかの特典もある。
OPとEDだけの特典に慣れちゃってる人は、これは特別な贈り物って感じるかも。

要するに、君がけいおんの1期、2期のファンなら買うだけの価値があるってことさ。
ここ数年で一番面白かったアニメの最後を飾るにふさわしい出来だよ。



評価:★★★★★
素晴らしい!


けいおん!の大ファンとして、この映画の英語版を18ヶ月も待ち続けていたんだ。
昨日、ようやく届いて、見たよ。
待っただけの価値があるといえば十分だろう!

映画は放課後ティータイムの卒業前(もちろん、1年年下の梓を除く)の数週間を描いている。
彼女たちは卒業旅行に行くことを決め、最終的に目的地はロンドンに落ち着く(それでも唯はイギリスに行きたいって言うんだけどね。他のメンバーにロンドンはイギリスだってツッコまれるまで)。
最終試験が終わった、卒業式前の週、彼女たちは飛行機に乗り込みイギリスへ飛び立つ。
詳細は書かないが、けいおん!に期待される全てに応えてると言える。もちろん、年下にも関わらず、一行の中で一番冷静で合理的なあずにゃんも一緒だ。
彼らはロンドンの主要な観光地を訪れて撮影し、デジタル化して作品の中に美しく取り込んでいる。
一つだけ不満があるとすれば、英語音声版のロンドン市民がみんな『メリー・ポピンズ』のディック・ヴァン・ダイクみたいに話すことぐらいだ。
いや、マジで。本物のイギリス人を雇えなかったの?
本当に酷いものだけど、それ以外にマイナスポイントはないね。

本当にこの映画の全てを愛してる。唯はいつも通り適度におバカで、梓は部室に入った時、みんなが話すのを止めると疑心暗鬼に陥り不安妄想するけど、でも実はみんな彼女のために素晴らしいサプライズを考えてるんだ!

この映画で描かれる卒業は、2期で描かれた卒業とはちょっと違った視点で描かれている。
それはもっと屈託のないもので、2期のものほど感情的なものではないけど、とても楽しいものだ。
もし、君がけいおん!のファンなら、今すぐ手に入れるんだ。
本当に素晴らしいから!

最後に一個だけ:『けいおん!』ってどういう意味なんだろうって長年疑問に思っていたんだけど、「軽音楽」の略なんだって!知ってた?




評価:★★★★★
学校生活を描いた偉大な物語の見事なラスト


まず最初に言っておきたいのは、俺はけいおん!を愛してるってことだ。アニメも漫画も、PS3/PSPゲームも、けいおん!に関するものならなんでも好きだ。
ファンだから当然高評価をつけるぜ。
でも、時系列はちょっとおかしいな。完結したTVアニメが映画化され、その映画はTVアニメ中の時間軸に位置するはずなのに、TVアニメ中では映画内での出来事に言及されないんだからな。
そのプロットの穴を除けば、グレートな出来だぜ。
HD画質は極上だ。
歌とBGMも見事だ。
でも英語音声版で、歌詞が英語に吹き替えられてないのは何でなんだぜ!?
これにはムカついたぜ。だってよ、TVシリーズ版では英語に吹き替えられてたじゃねーか。
でも、まあ、いいよ。吹き替えは素晴らしかったし、声優たちが最後の餞に本当に心を込めて歌っているのが分かるからな。
ついでに言うと、ディスクにはめちゃめちゃたくさん特典がついてるんだよ。
例えば、日本人声優へのインタビューとか、映画のためのロンドンでの撮影の様子とか、プレミアイベントや、ミュージックビデオとかさ。
で、ここでまた俺はこう思うわけだ。「なんで英語版声優にフューチャーした特典はないんだよ!」って。
彼女らも日本人声優同様、シリーズに関わってきたんだ。敬意を示してくれてもいいんじゃねーか?

それでも、映画はグレートだったし、特典もグレートだ。
この二つの不満点を除けば、値段以上の価値があるよ。


翻訳元:Amazon(ttps://goo.gl/N6pQgd)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

>でも、時系列はちょっとおかしいな。完結したTVアニメが映画化され、その映画はTVアニメ中の時間軸に位置するはずなのに、TVアニメ中では映画内での出来事に言及されないんだからな。

それいわないの!

2016-12-05 13:37 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

もう古いアニメだ。
忘れろ。

2016-12-05 14:46 │ from qURL

No title

海外の反応という割にはたった3人のレヴューしかないのはさみしいな
もうちょっといろんな意見を見たい所だけどこれからの充実を期待します

2016-12-05 16:20 │ from URL

No title

あずにゃん主役のOVA作ってもいいのよ

2016-12-05 19:57 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/31-8f9055c5