【91 Days】海外「全てのキャラクターが救いようの無いクズだ」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【91 Days】海外「全てのキャラクターが救いようの無いクズだ」

91days.jpg
©️91Days

今回は禁酒法時代のアメリカを舞台にした復讐劇を描いたアニメ『91 Days』です。
同時代のアメリカを舞台にしたアニメだと『バッカーノ!』がありますが、なんか良いですよね、禁酒法時代って。
マフィアがはびこり、ボニーとクライドのような銀行強盗が跋扈する混沌の時代。
西部開拓時代と並んで、(エンターテイメント作品の舞台として)アメリカの最も魅力的な時代ではないでしょうか。
こういう作品がもっと増えてほしいですね。
では、『91 Days』の海外の反応です。

スポンサードリンク


『91 Days』海外の反応


評価:★★★★★★★☆☆☆

評価は、大体70〜75点と言ったところだ。

ワオ。。。僕は完全にこのアニメを見誤っていたよ。最初は3話の途中まで見て、退屈になったんだ。見るのをやめようかとも思ったけど、高評価がついて賞賛されてるから、最後まで見ることにした。たった12話だし、まぁ、別にいいだろう。で、見て良かった。それだけの価値があるよ。

西洋とか、まあ他の場所でもいいけど、日本以外を舞台にしてて、銃撃戦とか、お酒とか、酷いことをするキャラクターが出てくるアニメが大好きなんだ。
だけど、マフィアものはそんなに好きじゃない。って言うか、アメリカン・イタリアンのマフィアものが、かな(ブラック・ラグーンは大好きだ)。退屈だからね。
だから、最初91 Daysを見るのは気が進まなかった。もし、君が僕と似た嗜好を持ってて、このアニメの持つ要素のせいで見るかどうか迷ってるなら、信じてくれ、間違いなく見るだけの価値があるからさ。

91 Daysを魅力的なものにしてるのは、その復讐のプロットの展開だ。最初の数話は退屈で見るのが苦痛だったけど、第5話の終わりには完全にハマってたよ。
ある時点を過ぎると、ほとんど全てが君の予想を裏切るんだ。各プロットが予想外の展開を持っていて、僕は何度、口をポカーンと開けながらエピソードを見終えたか数えきれないよ。
アニメ中に多くの死が描かれていること自体は驚くに当たらないけど、それでもどの殺人もショックなものだった。

コルテオを除いた全てのキャラクターたちは、救いようの無いクズだ。でも、この物語がマフィアに焦点を当てていることを考えれば、あいつらが社会的モラルを持っていると期待する方が間違ってる。あいつらは教会に行くし、家族についても話す。でも次のシーンでは何の躊躇もなく誰かを撃ち殺すんだ。それは明らかに僕らが想像する通りのマフィアを描いているけど、それでも奴らの偽善性と、臆面もない欲望には呆れたね。

前述した通り、これは復讐の物語だ。だから、君も最後には主人公に共感するようになるだろう。彼の復讐の理由というのも理解できるからね。でも、それが彼の生きる理由になるにつれ、彼の道を妨げ、目標を邪魔するものは何もなくなる。物語のほとんど最後まで彼は非情だから、君は多分複雑な気分になって、彼の選択に対して疑問を感じたりするだろうね。

もし君がその手のものが好きなら、これには深みのある物語と、夢中になれる大きな象徴性がある。
でも、名作にあと一歩というところまで来ていながら、全体的に見れば精彩を欠いている(後述するけど、これは作画が原因だと思う)。コード・ギアスや巌窟王のような他の復讐ものには一歩及ばないね。
最後のメッセージは深いけど、畏敬の念を起こすようなものじゃない。復讐の物語の最後のメッセージと、組織的暴力のバカバカしさに対する解釈だ。

映像は間違いなくこのアニメの一番の欠点だ。審美的には洗練されていて物語のトーン(禁酒法時代、マフィア、銃、暴力等)に合っていると思う。でも、多分予算があまり潤沢じゃなかったんじゃないかな。作画に関しては全く気に入らなかったけど、でも特筆するほどのことでもないよ。

まあ、とにかく見ることをお勧めするよ!まずまずの出来さ。



評価:★★★★★★★★★★

ショート・レビュー:
91 Daysは、マフィアに家族を殺された男の復讐の物語だ。リアリティのある珍しいアニメだな。魔法も、強過ぎる主人公も出てこない。全てがゆっくりと自然に情緒的に描かれてる。
もっと評価されても良い、俺の意見では2016年夏期のベストアニメだな。

注釈:
Yo! 兄弟!MyAnimeListでレビューを読むのに疲れたか?
だって、あれだろ、ここには何もかもを嫌ってる奴らがいるもんな。何でもかんでも批判するのが格好良いと思ってる奴らがさ。それに「流行気取り」の奴らとかな。
言っとくけど、俺はそういうクソ野郎どもとは違うからな。いくつかのクソッタレについて明確にしておくぜ。

1. 俺が付けた点数に関しては気にすんな。俺はレビューをした全部のアニメに10点を付ける。くそったれのレビューを書くのは時間の無駄だ。なのに、俺がレビューを書くってことは10点に値するってことだ。それに、あれだ、数字は別に何かを良くするってもんじゃないだろ。

2. 俺はショート・レビューしか書かない。クソッタレなこととか、煽るようなことは無しだ。可能な限り、価値観に基づかず、公平になるようにする。ネタバレは含むかもしれないけど、お前らの楽しみを奪うようなことはないよう努める。スコアも無しだ。そんなクソッタレなレビューで、見るかどうか判断してくれ。

3. もしお前が俺の他のレビューを読むことがあったら、「注釈」を読んで時間を無駄にすんな。同じ内容だからな。


91Days VOL.1(イベント優先販売申込券封入) [Blu-ray]



評価:★★★★★★★★☆☆

ラザニアとパイナップル缶、どちらが上か今の時点では分からないが、1つだけ分かっていることがある。91 Daysは見る価値があるということだ。

91 Daysが復讐をテーマにした他のアニメと似ているというのは、ちょっとした過小評価だ。
この物語は、アンジェロの「目には目を」という計画に沿って進む。
しかしそれは単純に、復讐がマフィアの世界でいかになされるか、自身をいかに冷血漢に変えうるか、そして人々の人生を壊すかを描いたものではない。
復讐には本当に意味があるのか、君が奪われ、無くしたと思っている幸せをいつかまた見つけられるのかという疑問を呈している。
今の自分を取り巻くものに感謝して生きるのではダメなのか?
あまり哲学的なものではないので心配しないでほしい。退屈はしないはずだ。
物語は、マフィア・グループの抗争に復讐というテーマを組み込むことで成り立っている。

91 Daysは確固とした矛盾のない脚本と、それに合った適切なトーンで出来ている。くだらない話を君に投げつけたりはしない(たまにペースを乱すことはあるが)し、物語の終わりには、それが、主人公のアンジェロとネロの関係の重要性を体現するのにいかに上手く働いているか分かるだろう。ただのパイナップル缶にさえ意味があるのだ。
そして、君は各エピソードの展開を予想することはできないだろう。私はできなかった。
91 Daysは、次のエピソードで起こるだろう展開を君に予想させ、そしていつもそれを裏切るのだ。

しかし、映像面で言えば、クオリティは落ちる。動きに滑らかさはない。美しいシーンは見られず、精彩を欠いた色、活力のない建物や物を見せている。しかし、それが舞台に厳粛で大人びた雰囲気を与えている。
もし、君がすでにこのアニメを見たのなら、いくつかのシーンではより鮮やかな色合いが使うことで雰囲気を明るいものとし、キャラクターたちのやりとりを気楽なものとしているのに気付いたかもしれない。
まあ、少なくともそういう悲しげな背景には耐えなければならない。

キャラクターたちは印象深いものではない。特に同じ髪色でほとんど同じ外見に見えるキャラは。
目立った外見(髪の色や髪型で)のキャラはより重要なキャラだ(まあ、これは普通のことだが)。
彼らを非人間的にすることで、キャラクターの心の内を読めなくしているのには感心した。目新しいものではないが、これはカメラ・ワークがキャラクターの感情を捉えようという意味合いを持った動きをしている時に、とても効果的だった。
特にアヴィリオは感情を読むのが最も難しいキャラだ。
アヴィリオにクローズ・アップするシーン、いや、ワイド・ショットのシーンですら、その時彼は何を考えているのか、何を企んでいるのか、本心で話しているのかなど考えずにはいられなかった。
これが原因で、私は何人かのキャラクターに関する自分自身の意見に苦慮している。なぜなら、彼らは物語を通していくらか反感を買うように描かれているからだ。
彼らの行動の裏にある理由が明かされないことで、誰が正しく誰が間違っているのか、私は時々それを見失った。

まとめると、91 Daysは見逃せないアニメだ。
もし君が、4話や5話の遅い展開や、その映像が原因で、途中で見るのやめたのなら、6話まで見てみると良い。
とは言え、誰の好みにでも合うアニメではない。
つまり、あるエピソードを見た後では、君はもうラザニアを美味しく食べられないだろうということだ。


翻訳元:MAL(ttps://goo.gl/ONfFZJ)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

日本で売るのは難しい作品だけど
アメリカが映像権買って実写化してくれたら元が取れるんじゃなかろうか

2016-12-08 12:38 │ from 名無しさんURL

No title

ラザニアは確かに食いたくなくなるかもね
途中から続きが気になって早く続きが見たくなるような感じだった

2016-12-08 17:09 │ from URL

No title

ツダケンが出てたから見てたけどマフィアものとしてはテンプレ通りでつまんなかった

2016-12-08 18:49 │ from URL

No title

映画のオマージュが露骨すぎて閉口したなあ

2016-12-08 19:05 │ from URL

No title

名作ではない。内容的には意外性もなくありふれた復讐劇だ
ただ丁寧だった。作画が落ち始めたりもしたが雑に作られた作品ではなかった
欲を言えば2クールあればもっと感情移入できたかもしれない
正しい意味で佳作にふさわしい作品だった

2016-12-09 00:57 │ from URL

No title

ここの米欄にもアニメ評論家()が沸いてて草

2016-12-15 22:38 │ from URL Edit

2クールあっても感情移入できないよ。何でってキャラの心情を詳しく吐露してないから。インタビューであえて直接的な描写はほとんどさけ、ほのめかす方向性で描いたと答えてるから何クールあっても同じ。手紙の謎を最初から捨ててればキャラの腹の中を描けたんだろうが。どちらにせよ監督がイケメン不在にさせて不細工なおっさん共集めた時点で腐からも支持は得られない

2017-01-12 17:18 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/34-c72dce75