【エンジェル伝説】海外「人を見掛けで判断してはいけない!」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【エンジェル伝説】海外「人を見掛けで判断してはいけない!」

angel-densetsu.jpg
©️八木教広/集英社

今回は『クレイモア』で有名な八木教広氏の初連載作品『エンジェル伝説』です。
シリアス一辺倒の『クレイモア』に対して『エンジェル伝説』はギャグ漫画、その作風のあまりの落差に同作者とは信じられないという方も多いのではないでしょうか。
最初の方は絵が拙いのですが、数巻もすると驚くほど上達して、『クレイモア』で発揮された画力の片鱗が見られるようになります。
天使のような心と悪魔のような顔を持つ男という『エンジェル伝説』のそのテーマと、初頭の拙い画力が相まって「Never judge a book by its cover(見掛けで中身を判断するな)」という格言を流用したレビューがとても多く見られました。
未読の方は、見掛けで判断せず、是非読んで見てください。
ギャグ漫画というジャンルで絞れば『今日から俺は』と並んで、管理人の最も好きな漫画の1つです。
『今日から俺は』の海外の反応も翻訳したいんですが、英語のレビューが少ないんですよね・・・。
ともあれ、『エンジェル伝説』の海外の反応を見てみましょう。

スポンサードリンク


『エンジェル伝説』海外の反応


評価:★★★★★★★★★☆

この漫画を本ッ当に楽しんだわ。ほとんど2日間で読み終わっちゃった。

北野誠一郎は天使のような心根に、悪魔のような顔をもっているの。彼は本当の本当の本当に優しい男でいつも他の人たちのことを思いやってるんだけど、その外見のせいでみんな彼のことを怖がって、薬物中毒者に違いないって考えてるの。
これが笑っちゃうような冗談を生み出して、北野君をとんでもない誤解に押し込むの。1個1個上げてくには多すぎるけど、例えば私のお気に入りのシーンは、北野君が落し物を届けようと誰かを追いかけたら逃げられたり、誰かが北野君を殴っている時、彼はなんでその人を怒らせちゃったんだろうって必死になって考えてるところね。
みんなの北野君の顔に対するリアクションを見るのは、決して飽きないわ!!私いつも、北野君可哀想って思うんだけど、それでもすごく可笑しいの。
彼の顔が怖いって分かってるんだけど、ほとんど最初のエピソードから彼のこと可愛いって思ったわ。

北野君の周りのキャラクターたちの彼に対する印象が徐々に変わっていくのも面白かったし素敵だった。何て素敵な友情なのかしら!
最初は敵だったサブキャラたちが、北野君に遭遇した後は友情を育んでいくのには本当に感動しちゃった。
シリーズを通して、作画はかなり酷いけど、物語は良くできてるわ。
本当の本当に楽しんだわ。



評価:★★★★★★★★★★

大したレビューではないけど、まあ読んでくれ。
俺はこの漫画を何年も前に読んだんだけど、まだ覚えているよ。これは愛と友情、優しさ、そして何より誤解に関する極めて優れた物語だ。
何度も椅子から転げ落ちたよ(いや、本当に)。俺は、大笑いした次のエピソードでは悪態をついてるんだ(主に笑いながらだけど)。。。
物語は「地球上で一番怖い男」に関してだけど、実はこいつはめちゃめちゃ優しいんだ。
読んでる間中、シェイクスピアの『間違いの喜劇』を思い出したよ。
終いにはこう考えるようになる。「こいつは本当に見た目通りの男/女なのか?」
10話が終わる頃には、先の展開を予想するようになるだろうけど、例えその予想が当たっていたとしても最後には驚かずにはいられないんだ。
絵柄は初期の『クレイモア』に似てる。『エンジェル伝説』のキャラクターの1人は『クレイモア』のクレアの原型みたいだ。
最初はその単純すぎる、そしてちょっと醜い絵柄が嫌いだった。でも、そのうち、それは読者を物語に集中させ、できるだけ現実に近いものにするためなんだって気付いた(ああ、ストーリーは本当に良いから、可愛いおバカなキャラクターなんて必要ないんだ)。
物語が終わった時には本当に泣いてしまったよ。本当にこの漫画を楽しんだんだ・・・。
もしこれ以上書くとネタバレしちゃうから、とにかく読んで、何事も見かけじゃ判断できないってことを見つけてくれ。


エンジェル伝説 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


評価:★★★★★★★★☆☆

「人を見かけで判断するな」
こんなありふれた言葉が、このアクション、コメディ、そして多少の恋愛要素を含んだギャグ漫画『エンジェル伝説』を良く表している。
私たちは、外見が生活の一部になり、それによって判断されたり、扱われたりする社会に生きている。
さて、ここに北野誠一郎という名の少年がいる。彼は愛する両親とともに新しい街へ引っ越してきて、これから転校することになる高校に希望を抱いている。
書類の上では、北野は模範的な生徒だ。成績優秀、無遅刻無欠席。老人が道を渡ろうとしていれば積極的に助ける。
しかし、彼の顔を一瞥すれば、丘の向こうへ走って逃げるか、恐怖に凍りつくには十分だ。まるで悪魔を見たかのように感じるのだから。
この悪魔顔の少年は、誤解で満ちた人生の苦難に耐えねばならない。それによって私たち読者は、この漫画を楽しめるのだ。

人々が彼の善意の行動を悪魔の所業と勘違いするところから、不良たちが彼が見かけ通りの悪党だと祭り上げるところまで、この漫画は多くの愉快な勘違いで溢れている。
『エンジェル伝説』は、ギャグ漫画はそうであるべきように、エピソード完結型のため、どのような構成かというのを説明するのは難しい。しかし、ストーリーはいつも私が見たいと思っている何かを持っている。全体にわたる包括的な進行だ(ストーリーとキャラクターの両方に関して)。
物事が進行し、1つの章から次の章へと導いていくのだが、不思議にエピソード完結型だという感覚は拭えない。奇妙で、魅力的な組み合わせなのだ。

同じことはキャラクターにも言える。奇妙で、魅力的だ。例えば北野の不気味な外見と、彼の周囲のものの見方のように。彼のことを好きにならずにはいられない。
他のキャラクターたちにも、ほぼ北野と同じだけの注意が集められているが、それでも彼らは寄せ集めといった感じだ。何人かのキャラは楽しく興味深いと思うだろうが、鬱陶しく思えてくるキャラもいる。

少なくとも当時のギャグ漫画としては、作画の点では漫画家が達成したいと思っているであろうレベルは達成している。様々なキャラクターに、やり過ぎていない個性的なデザインで、生き生きとした漫画を描いている。
しかし、その作画において最も注目すべきは、第1話から完結までにどれだけ上達したかだ。後にヒット作『クレイモア』を生み出した男が、いかにスタイルとテクニックを向上させたかを見られたのは良かった。

『エンジェル伝説』は私がその見かけで判断してしまった漫画だ。古臭いギャグで私を退屈させる漫画だろうと思い込んでいたが、実際の所驚くほど面白く、ありふれたギャグ漫画のようには感じず、むしろ物語が進むにつれ、古い映画『アダムスファミリー』に似た感情をもたらす。
しかし、私は、これは誰もが読むべき、最も面白い漫画だと言っているわけではない。なぜならそのギャグも次第にマンネリ化してくるからだ。
作者自身もそれに気が付いていたのだろう。後半に行くにつれ作風を変えて行き、それは良い方に働いたように見える。
全体的に見てこの漫画は、いくらかの争点を持つものの、それでも楽しんで読めるギャグ漫画だ。
そして、数年に渡って連載された漫画で、作者が、コメディ、ストーリー、作画に関して上達していくのを見られるのは良いものだ。


翻訳元:MAL(ttps://goo.gl/GZtsox)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

マジで爆笑した思い出

2016-12-19 09:25 │ from 名無しURL

No title

エンジェル伝説は大好きな作品です。ギャグ漫画のはずなのに、読み終わるとほのぼのとした気分になってる。

今でもたまに頭から読み返してるよ。

2016-12-19 11:07 │ from URL

No title

地下鉄で月刊ジャンプを開いてこれ読んで笑いこらえてブルブル震えた思い出w
クレイモアは良作だけど、その頃の月刊ジャンプはファンタジーものが増えすぎて正直食傷気味になってしまった
惰性で買ってたけどまさかなくなるなんてなぁ・・・

2016-12-19 11:17 │ from 名無しさんURL

No title

きええええええええ!

2016-12-19 17:07 │ from あURL

きひゃえいっ!

2016-12-19 18:57 │ from URL

No title

OVAが2話で終わってしまったのが悔やまれる
ヒロインが顔出したとこで終わっちゃう・・・

2016-12-19 19:19 │ from  URL

No title

最初読んだ時は新しいカメレオンみたいなもんかって思った
そういやカメレオンって評価どうなんだろ?

2016-12-20 00:22 │ from URL

黒田さんこいつじゃありませんよ
んなこたぁわかってるよ
ならフクロにしなくたって…

2016-12-20 20:42 │ from URL

No title

やっぱり、クレイモアのあの二人は、幾野ちゃんとハーフの子とかぶるって感想は同じか

2016-12-20 22:27 │ from  URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/48-43c03283