【乙嫁語り:1巻】海外「森はキャラに命を吹き込む素晴らしい仕事をした」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【乙嫁語り:1巻】海外「森はキャラに命を吹き込む素晴らしい仕事をした」

otoyomegatari.jpg
©️森薫/エンターブレイン

今回は漫画『乙嫁語り』の1巻です。
他の海外の反応系ブログで散々取り扱われてるネタですが、好きな作品なので挑戦してみました。
翻訳元は被ってはいないと思いますが、被っていたらすいません。
あと、今回は好評価のレビューばかりではなく、結構ボロクソに言ってるレビューも翻訳してみました。
翻訳しててコメント欄が荒れそうだなぁという気がしましたが、どうかお手柔らかにお願いします。
では『乙嫁語り:1巻』海外の反応です。2巻以降もやるかは未定です。2巻の反応も翻訳してみました。

関連記事:【乙嫁語り:2巻】海外「男だってピンクの表紙の漫画を楽しめるんだぜ?」

スポンサードリンク


『乙嫁語り:1巻』海外の反応


評価:★★★☆☆

この漫画には退屈させられたわ。
読むのが面倒な作業みたいだったもの。

それがこれから私が書こうとしていることの要約よ。だからもしあなたが嫌だったらここで読むのをやめてもいいし、それで何かを逃すってことはないわ。

この漫画に関しては称賛の声しか聞いたことなかった。実際、肯定的レビューで溢れてるし、全員が全員間違うなんてことあり得ないと思ったから、中身も見ずに買ったの。
この漫画は失敗作なの?本当にもう、勘弁してえええええええ!
私がこの漫画を最後まで読んだのは、ただセリフが少なかったからね。興味も持たずただページをめくって(そのうち何かプロットらしいものが見つかるかもと祈りながら)絵を眺めるだけだから簡単だったわ。漫画の価値を貶める行為がいかに素晴らしい経験か、こっちが教えてほしいぐらいだわ。

作画は美しいわ。それでも時々、雑然として見えるし、ページやコマをごちゃごちゃさせすぎてると思う。彼女はアクションシーンを描く才能に長けてると思う。特に興味深かったシーン(視覚的に)はアミルがウサギを狩っているシーンね。年老いた男が彫刻をしている場面も好きよ。
それでも、アミルと彼女の若い夫が含まれたシーンを読んでるわけだから、「で、要点はなんなの?」って思わずにはいられなかった。これがプロット全体にどう働くの?って。で、ここでネタバレするけど、何にもないの!!!

多分私はこの手の漫画の読者として適してないのかしら?
プロットらしきものが展開しないこともないわ。
アミルは花嫁としては年が行きすぎていて、それからこれはみんな同意すると思うんだけど、彼女の夫は若すぎる。とても若すぎるわ。確か12歳だったかしら?!?
彼女たちに子供はいないわ。だって、彼女たちの関係ってちょっと歪んだものじゃない?
大半の西洋人はこの関係を簡単に受け入れられると思う。だって、これは「年上の女性と少年」で、「年上の男性と少年や少女」じゃないもの。
でも、問題は彼女たちには子供がいなくて、アミルの家族は彼女を家族の一員と考えてなくて、より良い取引に利用するために彼女を取り戻したいって考えてるってこと。
この問題はある程度の解決を見たけど、絶対にまた蒸し返されるわ。これだけのために2巻を購入するか考えさせられてる。

この漫画は変わってるわ。彼らの日常生活を詳細に描いてはいるけど、1巻ではこの話がどこに向かっているのか分からない。彼らの日常的作業や仕事に焦点を当ててるけど、少年が病気になるまで、キャラクターの個性を私たちには教えてくれない。
私たちはアミルがただ美しいだけじゃなくて、優れた狩猟家だって分かるの!そしてとても従順!でも彼の回復に関しては、抑えがたいぐらいの強迫観念に取り憑かれる!とても素晴らしいスープを作る!可愛らしい衣服を作る!決して不満を言わない家庭内の女神よ!本当に、私が男だったらこんな女性を好きになるわ。
それからとても気まずいシーン。彼女の肌けた前半身を私たちは見ることになるの。彼女が夫の体を温めるために!オーマイガッ!なんて気持ち悪いの!そして!そして!彼はそれが母ウサギに抱かれた子ウサギみたいだって言うの!彼女は彼の妻なんだから、もっと性的で大人びた感情を持つべきなのよ。気持ち悪い!ただただ気持ち悪いわ。

これでこの漫画は男のためのものだって結論が出たわ。ハーレム漫画からハーレム要素を取り除いたような現実逃避のための漫画。彼女たちの関係は明らかに間違ってて、私たちは彼女たちがどんな人間かさえ知らない。
あるいはただ彼女たちは、嫉妬なんかせず、怒りもしないし、人生において本当の希望や野心を持たない、ウサギを狩って、摘んだザクロを食べられれば、それでいつも幸せな人たちなのかもね。

本当に。もしあなたが素晴らしく我慢強く、綺麗な絵柄に簡単に惹きつけられる人なら違った感想を持つんでしょうね。
まだ言い足りないけど、まあいいわ。多分これはこの巻だけだと思うけど『乙嫁語り』はあなたに違った生き方を見せてくれる。本当の対立やたくさんの穴埋めエピソードもない。これはまだ最初の1巻だから、もっと色々展開していくんでしょうね。長くて退屈なものになるに違いないわ。


乙嫁語り 9巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))


評価:★★★★★

これは私が今まで読んだ中でも最も感動的で美しい漫画の1冊だ。森氏は彼女のキャラクターたちに命を吹き込む素晴らしい仕事をした。これによって私はいともたやすく昔の中央アジアの世界とエイホン一家の日常生活に没頭させられた。

アミルとカルククは、隣り合って2人の時間を過ごすのを見るには奇妙で興味深いカップルだ。
特にアミルはその優しさと確固とした気質で読者を即座に虜にする。
カルククは12歳というその年にしてはとても大人びており博識だが、折に触れ彼はまだ思春期の少年なのだ思い出させられる。
1巻を通して、この2人が結婚式以前には顔を合わせたこともないにも関わらず、お互いのことをもっと知りたいと真剣に考え、良き夫婦であろうと努力するのを見られる。これはお見合いや年の差恋愛に関して、昨今のメディアが表現する際にはほとんど見られないものだ。

作画にはただただ圧倒される。森氏は、美術面での細部に渡る注意と歴史的正確性について最高の境地に達している。いくつかのページはとてもよく描かれており、ページをめくる前に数分間ただ眺めることもあった。
この本をハードカバーで出版したYen Pressに賛辞を送りたい。より多くの漫画がこうあるべきであろう。
ただ1つ私が困惑したのは、アミルの名前だ。「Amir」はアラブの男性の名前で、「Amira(彼女の日本語での名前)」は女性名だ。これらの違いを知っている人間の没頭感を失わせるこのような変更をなぜ彼らが行ったのか分からない。

全体的に見て感嘆すべき漫画だ。読者の本棚の目立つ場所に置かれる価値がある。



評価:★★★★★

『乙嫁語り』は、日本で最も注目されている漫画家の1人、森薫氏の最新作だ。彼女は、世紀の変わり目のイギリスを舞台とした、その芸術性と歴史的正確性で名高い『エマ』と『シャーリー』の作者でもある。

森の職人的技巧には踊ろか冴える。彼女の仕事は詳細に富んでおり、すべてのコマが美しく精巧に描かれている。『乙嫁語り』は彼女の前作『エマ』を超越している。これほどまでに、姿勢、衣服、背景に気を使った漫画を私は他に知らない。
Yen Pressの編集は彼女の仕事のクオリティを十分に発揮させている。他の多くの漫画と違い、この漫画はハードカバーで多少大きく、詳細がより見やすくなっている。紙質は若干安っぽいが、印刷のクオリティはとても良い。

物語は19世紀半ばの、カスピ海にほど近い中央アジアを舞台としている(トルコ語に関して言及されているのでトルコの近くだろう)。
物語は都会に住む12歳の少年が、遊牧民の出の20歳の女性と結婚する、奇妙なカップルの日常に関してだ。これはその年齢差から想像されるかもしれない、倒錯した慣習を強調したものではない。少年はその年にしては賢く、女性は献身的で、明るい、理想的な妻で、彼が大人になるのを待つことを厭わない。
彼女は彼の大家族にうまく馴染んでいるが、他者を喜ばせたいと思いすぎているかもしれない。草原育ちゆえに、年に住む家族にとってはよそ者に思える部分もある。それでも彼女は、一流の女性騎手で、弓使いで、狩人で、野生の獲物の料理人だ。

舞台が設定された文化の中ではあり得る話で、森は物語を思いやりと配慮を持って扱っている。
キャラクターたちは好ましく尊敬できる。家族構成は現代的ではないが、簡単に理解できるし、共感できる。
物語は主に、ゆったりとした日常的出来事に関してだが、衝突と刺激的な場面もある。特に彼女の新しい家族と古い家族の衝突だ。
多少の肌の露出は見られるが、話の流れの中で自然なもので、欲望に迎合したものではない。

衣服と手工芸品を描くのに贅沢に費やされた愛情に溢れる詳細な絵は驚くほど美しい。
偉大な芸術のファンにとっては、描かれた女性の衣服のためだけにでも、購入する価値がある。
森氏はリサーチに関しては狂信的で、それをすべてのページで惜しみなく見せている。

素晴らしい物語の、本物の芸術作品だ。もし君が『エマ』が好きなら、そして歴史が、美しい詳細な芸術が、予測不能なキャラクター造形が好きなら、この本は君のためのものだ。
Yen Pressにかなり前にライセンス契約された作品だが待っただけの甲斐はある。2巻が出版されるまで何ヶ月も掛かるだろうが、これと同じだけの出来を期待している。

翻訳元:Amazon(ttps://goo.gl/fyCRfW)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

プロットを気にしまくる外人さんはよくいるけどもっと柔らかい頭でたのしめばいいと思うよ

2016-12-21 09:33 │ from  URL

No title

エマはわかりやすいけど、乙嫁の方は好き嫌い分かれるだろうね。
最近面白くなってきたけど。

2016-12-21 09:45 │ from URL

No title

>>他の海外の反応系ブログで散々取り扱われてるネタですが、好きな作品なので挑戦してみました。

他人の事は気にスンナ。
自分の好きな作品なら遠慮なく扱えばいいよ。

2016-12-21 09:46 │ from 名無しさんURL

No title

生活や文化を中心に描いてるから劇的な事って部族間の諍い位しかないし退屈といえば退屈に感じるだろうね
自分は森薫好きだから買ってみたけどたしかに最初はちょっとガッカリした
今は好きで買い続けてるけど

2016-12-21 09:52 │ from URL

No title

なんか典型的なフェミナチ外人がキー男ガーって暴れてるだけだってのはわかったw(作者女なのにねw)
時代も場所も違うのに、「あるべき男女の姿」を熱弁されても、
「あ、基地外さんですか…」ってなるだけだろw
まあ本人は大真面目なんだろうけど、だからこそバカだよなぁ…

2016-12-21 09:58 │ from URL

No title

踊ろか冴えるww

2016-12-21 10:18 │ from 爺URL

No title

この漫画に限らず海外の反応ブログでは少しでも日本の何かを否定されたら
やたらプリプリ怒る奴も多くいるけど
個人的には絶賛の意見だけ見せられるよりは色んな意見が見たい

2016-12-21 10:40 │ from    URL

No title

コメントを入力ください
他人をキチだのバカだの言って悦に入ってるコメ欄の人間も大概だと思うがな

2016-12-21 10:40 │ from URL

No title

最初に細かい説明があるわけじゃないから、自分の好みと違うというケースがあるのかな。
まあそれでも、これまでの森薫の漫画と180度違うというわけでもないから、ファンなら普通に楽しめると思うけどな・・・初見だと完全に好みだろうけど。

2016-12-21 10:53 │ from 名無しさん@PmagazineURL

イメージとして、この漫画に低評価つける人の一つの傾向は、活劇的なものや大河ドラマ的なものを期待してる人かなあと。
森薫さんは人生の中のワンシーンと言う意味で、生活描写を重ねていって物語を作るのが好きで得意な人だと自分は思ってるから、根本的に大河ドラマとかそういうのとは違うんだよね。
文化的、歴史的背景を綿密に描いた日常ものといった方がしっくりくる。

2016-12-21 11:03 │ from 名無しさんURL

確かに指摘された通りだ。
なぜ森薫はアミルと名付けたのだろうか。
向こうの名前はウで終わる男性名とアで終わる女性名というのは常識的な話じゃなかったのかな。

2016-12-21 11:15 │ from URL

No title

一番最初のコメント
当時の文化を(しかも異国の)楽しむ漫画なのに
現代の、そして西洋の価値観で批判して見ていて吹いた
いや自分の文化と照らし合わせるのはこの漫画を読むにあたり楽しむ条件の一つだけどさw

2016-12-21 11:37 │ from  URL

No title

「日常の細部に普遍性が宿る」ってこと、本コメ冒頭のフェミナチさんに教えてあげたいわ。
例えば源氏物語みたいな平安文学って、日常の瑣末なことが書いてあるからその時代の人物がフィクションであっても血の通った自分達と同じ人間だと感じられる喜びがある。鎌倉時代なんか鎌倉市民の生活を描いた文学が残ってないから残念。「この世界の片隅で」だってそうでしょ。
壮大な叙事詩を期待してるなら年表眺めてりゃいい。

2016-12-21 13:13 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

>あるいはただ彼女たちは、嫉妬なんかせず、怒りもしないし、人生において本当の希望や野心を持たない、
>ウサギを狩って、摘んだザクロを食べられれば、それでいつも幸せな人たちなのかもね。

前近代の中東の砂漠の部族の女に近代的女性像を求めるなよw

2016-12-21 13:14 │ from   URL Edit

No title

コメントを入力ください
この時代のこの地域の文化とかあまり知らないので毎巻楽しませてもらってる。
素人を異文化にいざなってくれる親切で魅力的な作品だと思うけど、
1コメ目の長文外人女の雄弁で執拗なケチのつけ方もなかなか興味深いw
ふだんはモンスタークレーマーでもやってるんだろうか。

2016-12-21 13:34 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

名前は俺も気になってたな。
妹の名前にアテルイってのもあったよな。
なんか実験でもしてんのかと思ったけど
「らしさ」の優先をしたとかかね?

2016-12-21 13:50 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

>この漫画に限らず海外の反応ブログでは少しでも日本の何かを否定されたら
>やたらプリプリ怒る奴も多くいるけど
>個人的には絶賛の意見だけ見せられるよりは色んな意見が見たい

否定的な日本人の意見だけは受け入れられない?

日本の何かに限らず、外国の映画・ドラマ・文化の紹介でも、
日本人のコメント欄には、否定的意見も肯定的意見も色々あるぞ?

2016-12-21 15:35 │ from URL

No title

>アミルの名前だ。「Amir」はアラブの男性の名前で、「Amira(彼女の日本語での名前)」は女性名だ。

アミルさんはアラブ人ではないんだろうよ

2016-12-21 18:01 │ from URL

No title

パリヤのダンゴムシ編なんて少女マンガの王道中の王道。それをあの舞台、あの筆致でやるからひきつけられるし、安心して読んでいける。

2016-12-21 19:28 │ from URL

No title

酷評してあるコメントの気持ち悪いって感想は少しわかる気がする。
自分も女性に都合が良すぎると感じたら同じような印象持つことあるし、あの場面を女性から見たらそう思うこともあるんだろうな。

2016-12-21 20:08 │ from URL

No title

どんな人気作でも合わない人はいるだろうとは思ったが、漫画の中に国連でも派遣しかねない勢いでワロタ

2016-12-21 21:59 │ from URL

No title

うーん、1巻目の評価は難しいと思うからこんなもんでいーんでは?
美麗絢爛な描画に対してではなく、物語への評価をしようとしてる訳だし。

でもこれ、基本はスミス氏に関わりのある「お嫁さん」を題材にしてる「時代語り」「生活語り」みたいなもんだから、そこに「物語」を要求するのは筋違いな話な訳で。無論ストーリーはあるけど、1巻で無理矢理そこへ言及しても、序章すら終わってない話に結論語ってるよーな自論にしかならないのよね。だからこんなもんでしょ。

ところで管理人さん。これは是非とも2巻以降の反応もお願いしますです。難しいとは思いますが、同じ人の評価が変化していく様なレビューがあったら見てみたいです。

2016-12-22 01:52 │ from 名無しのカステラURL

No title

翻訳ご苦労さまです。
毎回楽しましていただいています。

2名だけでは物足りないので翻訳数を増やして欲しいところですが・・
あと元サイトも問題なければ知りたいところ・・

2016-12-22 02:06 │ from URL

No title

>酷評してあるコメントの気持ち悪いって感想は少しわかる気がする。
感想というか感じたことだけを羅列してるような気がするがなぁ
でもなぁ
それをただ反芻も消化もせず省みもせず考察もせず
ただその面白くないという感情を大事にしたものをレビューで発信してしまったなら
発言者の知能も知識も人格も疑われるようなケースだで?これ

もちろんだから何であって、何をするというわけでもないが
どんな作品にとっても一番厄介で悲しいタイプの読者だよね

2016-12-22 06:44 │ from   URL

No title

一巻の評価は分かれるだろうなぁ
正直、自分もうーん?ってなった方だし
最新刊はすっごく面白かったんだけど
導入部の一巻はストーリーの土台を整える巻だと考えれば
そんなにおかしく感じなかったけどな

それにしても気持ち悪い!ってのは凄いな
文化というか価値観の違いを感じるわー
別に漫画で裸が出てもいいじゃないかw
というか12歳の少年が性的で大人びていたら、それはそれでどうなのさw
最初のレビュアーの普段読んでる漫画のラインナップが気になる
ハーレクインとか天は赤い河のほとりみたいなのかなー?

そして海外版はハードカバーとな…もしや日本よりも良い装丁…?

2016-12-22 13:29 │ from URL

No title

>アミルの名前だ。

答え: アラブ人じゃないから

中央アジアなのに、なぜ中東の名前に適用させようとするんだ

2016-12-22 13:49 │ from 名無しさんURL

No title

物語の起伏や刺激が乏しいって感想はまあわかるけど、現代西洋的な価値観で有り得ないと否定するのはナンセンスだな。

2016-12-22 16:56 │ from URL

No title

>この漫画に関しては称賛の声しか聞いたことなかった。実際、肯定的レビューで溢れてる
>し、全員が全員間違うなんてことあり得ないと思ったから、中身も見ずに買ったの。

自分と同じ間違いをする人がいたら大変!という使命感があったのだろうよ。
よく知らんが、海外では普通の日本の漫画の翻訳版でも高いって聞いたことあるし、
ハードカバーなら尚更だろうしね。
ある意味、親切な人だと思うよ。

2016-12-22 19:10 │ from URL

No title

この人の資料収集の凄さを分かってない人がいるなぁ

2016-12-24 13:16 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/50-09261ae1