【るろうに剣心 - 追憶編】海外「偉大なディズニーの名作にも匹敵する」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【るろうに剣心 - 追憶編】海外「偉大なディズニーの名作にも匹敵する」

rurouni-tsuioku-hen.jpg
©️和月伸宏/集英社・SPEビジュアルワークス

今回は『るろうに剣心』の過去編を描いたOVA『るろうに剣心 - 追憶編』です。
私は漫画版では、過去編が一番好きなのですが、アニメでもやはり追憶編が一番好きです。
原作とは趣が異なりますが、漫画のアニメ化では珍しく改変が良い方向に働いたパターンではないでしょうか。
特に十字傷の付けられるシーンの改変は、人間の感情の矛盾と複雑さをよく表した素晴らしい描写だったと思います。
海外でも『追憶編』の評価は非常に高いですね。
では、『るろうに剣心 - 追憶編』の海外の反応を見てみましょう。


スポンサードリンク


『るろうに剣心 - 追憶編』海外の反応


私が今までに見た一番美しいアニメ
もし、あなたが、ロマンチックで、恐ろしくて、アクションとドラマ、哲学性があり、人生について学べるアニメを探しているなら、『るろうに剣心 - 追憶編』を見るべきよ。
このアニメは見逃すにはあまりにも魅力的過ぎるわ(でも、あなたが14歳以上で、血が怖くなくて、心臓の病気を持ってないことね)。とても現実的で、悲しくて素晴らしいの。
このアニメで最も素晴らしいのは二人のキャラクター、緋村剣心(人斬り抜刀歳)と雪代巴よ。素敵で皮肉的なキャラクターで19世紀の日本人の気質をよく表している。アニメの歴史上最高のカップルよ!

今までに見た『ライフ・イズ・ビューティフル』、『風と共に去りぬ』、『ラストエンペラー』のような歴史ドラマ映画に匹敵する出来だわ。この映画にただ1つ欠けているのは「笑い」だけね。まあ、これはTVシリーズのようなドラマ・コメディじゃないしね。
それから音楽もとても素晴らしかったわ。本当に壮大なの!

とても悲痛な映画だ!
もし俺が、真実の愛なんて存在しないって言ったら、俺のことを何て呼ぶ?イカサマ野郎?それとも愚か者か?
この映画を観る前に『獣兵衛忍風帖』のOVAを観ていたんだ。半分ぐらいまで観て、至る所で使われているカラクリ道具に飽き飽きしてきた。ガッカリして観るのをやめることにしたよ。
で、「次はこの剣心ってのを試してみるか」って皮肉的に思った。
驚いたことに、最初の数分を観た後は席から立ち上がれなかったよ。
おいおい、なんて音楽だ!何てストーリーだ!なんて描写だ!
マジでさ。映画に夢中になって夕飯を食べ損ねたぜ!
一体どうしたらこんな人の魂を虜にするような映画を作れるのか知りたいぜ・・・。

これはアニメじゃなくて、映画のレビューだ
私がしようとしているのは、映画のレビューを書くことだ。アニメのではない。
多くの人間がこの作品が今までに作られた最も偉大なアニメの1つだと考えている。しかし、彼らがこの作品をただのアニメとして扱い、アニメファンに見るように勧めているのはいささか悲しくもある。
私は『るろうに剣心 - 追憶編』を映画として捉え、多くのすべての映画ファンに見るように伝える。

もし君が、映画の概要を求めているなら他を当たってくれ。もし君が、なぜこの映画がそれほど偉大なのか知りたいのなら、君を納得させられるようベストを尽くす。

るろ剣のOVAは、すばらしいキャラクターの掘り下げを伴った、キャラクター主体の映画だ。二人のメインキャラクター、剣心と巴は人間味あり、大げさに誇張された性格ではない。感情の衝突があり、共に成長し、変わっていく。何が言いたいかというと、型にはまっていないのだ。

物語は、内戦によって侍の時代が終わりを迎えつつあり、幕府がそれを抑えようとしている1800年代後半の日本を舞台にしている。その時代の日本の歴史を知らない人は多少混乱するかもしれないが、歴史設定は映画に、深みと政治的な筋を与えている。今日流行の戦争映画同様、歴史的対立は白黒ハッキリしたものではなく、白と黒の混ざり合ったグレーに描かれている。

アクションシーンには注目してほしい。暴力的で、陰惨で、血なまぐさいが、アニメーター達が作り上げたムードと設定のおかげで無分別なものにはなっていない。
剣戟は短いが、速く、強烈で現実味があり、独特だ。他の実写アクションものより、遥かに良く出来ている。

そして、作中には、この作品を暴力的なアニメではなく、芸術作品としている多くの繊細な手法が見られる。
アニメーターは多くのシーンを自然と共に作り上げている。
雪片の儚さ、舞い落ちる桜の花びら、陽の光でギラギラの光る湖。アニメーターは美の世界を作り上げたのだ。
更に、音楽は各シーンのムードを巧妙に仕立て上げている。戦いの最中には記憶に残る動的な音楽を。そして、繊細で感動的なのだ。そしてなにより、非常に心に残る音楽だ。

『るろうに剣心 - 追憶編』は一流のアニメだ。しかし、より多くの注目を集めれば、一流の映画と目されるだろう。

関連記事:【るろうに剣心】海外「ストーリーがズバ抜けてる!本当に大好き!」

史上最高のアニメ
みんなが「アニメ」って考えた時に思い浮かべるのは『Akira』だろう。残念なことだよ。
『Akira』は退屈で創造性のない映画だったけど、この全4編のOVAは、他の映画達が長年目指し、到達できなかったレベルのクオリティとカリスマ性を持ってる。
ストーリーは、単純なアイディアが複雑に編み込まれている。アートの美に欠けているものは何もない。メインキャラクターは魅力的で真実味があり、興味深い。音楽は史上最高の『ナイトメア・クリスマス』よりはちょっとだけ劣っている程度だ。欠点は何もない。
まあ、1つだけ気になるのは、会話に何度も出てくるけど、作中ではずっと後になるまで出てこなかったキャラが何人かいたことかな。まるでロバート・ジョーダン(アメリカの作家)並みに、誰々が・・・って何度も言及されるんだ。でも、それ大した問題ではないけど。
その他に1つだけ欠点があるとしたら、その暴力性と大人向けのテーマが原因で、アメリカのTVと映画館では決して放映されないだろうってことだ。これは本当に恥ずべきことだよ。

感動的で迫力ある傑作
『るろうに剣心 - 追憶編』は俺が今まで見た中でも特に面白くて迫力あるアニメ映画だ!
プロットにはあまり詳しくないけど、キャラクターはすごく複雑で見事に掘り下げられてる。
映画を見て泣くことなんてほとんどないんだけど、この映画にはほとんど泣きかけたよ(マジで!!)。
ちょっと言い過ぎかもしれないけど、この映画は偉大なディズニーの名作『バンビ』や『美女と野獣』やなんかにも匹敵する出来だ。
最近のアニメ映画では見られない現実味と精巧さが見られるしね(でも、宮崎駿の映画もすごく素晴らしいけどね)。
まとめると、この美しいアニメ映画は強くオススメだ。
宮崎映画みたいにもっと多くの人に見られることを願ってるよ。


るろうに剣心 OVA(追憶編+星霜編)/劇場版(維新志士への鎮魂歌)[Import]
※PAL再生環境要
翻訳元:IMDB(https://goo.gl/SlVyXo)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

日本におけるヤマト、ガンダム、エヴァのインパクトが
海外ではビバップ、るろ剣、エルフェンリートだった・・という話を
まだ反応系サイトもほとんど無かった10年以上前に読んだけど
追憶編はやはり海外人気高いですね!

できれば映画用に一本に編集したバージョンより、
OVAで四話で分割してるのを観てほしいけど
ラストのわずかな追加シーンはいいけど、演出や音楽がかなり削られてるので・・

2016-12-29 09:46 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

とゆうより、これも含めた人誅編、やる予定無いのかな
漫画で北海道編とか始まってるけど、アニメオリジナル
のエピソードみたいにならなきゃいいけど💦

2016-12-29 10:08 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

例に挙がるのがバンビと美女と野獣というのがなんか微妙に感じてしまう・・・
ファンタジアとかピノキオとか白雪姫に匹敵すると言われたら「すげえ」って思えるんだが
まあ書いた本人はバンビや美女と野獣をディズニーを代表する名作と認識して言ってるんだろうけどさ

2016-12-29 10:49 │ from URL

No title

あんまりアニメ見ないけど、俺が見たアニメの中では追憶編がベスト
宮崎駿のどの作品も追憶編には敵わない

2016-12-29 18:42 │ from URL

No title

追憶編だけは別格だよな。
ジャンプのニート侍コメディ漫画から、よくもこんなシリアスな傑作が派生したもんだと思うわ。

2016-12-29 20:05 │ from URL

星霜編なんか無かった。いいね。

左之助と虎の生肝は何の関係もない。いいね。

2016-12-29 20:11 │ from URL

No title

なんでディズニー如きと比較されにゃあかんのだ?

2016-12-29 20:16 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

るろ剣としては糞だけどオリジナルと見ればかなりの良作だと思う
るろ剣としては糞だけど

2016-12-29 20:55 │ from URL

No title

OVA版を強くお勧めする。

2017-01-01 14:06 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/59-83b28808