【寄生獣】海外「人間の残酷さを視聴者に叩きつけるアニメ」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【寄生獣】海外「人間の残酷さを視聴者に叩きつけるアニメ」

kiseijuu.jpg
©️岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast

今回は岩明均氏の漫画を原作としたアニメ『寄生獣』です。
漫画を読んだのはもう十何年も前なので細かくは覚えていませんが、多少の改変はあったものの原作が良いだけあって、ストーリーはよく出来ていたと思います。
キャラデザの改変に関しては批判の声も多かったですし、実際アニメが始まるまでは私もこれはちょっと・・・、と思っていたのですが、実際始まってみるとすぐに気にならなくなりました。
そして何より一番素晴らしかったのは、感情的に盛り上がったシーンで挿入されるBGMです。今気になって調べたのですがタイトルは『Next To You』というらしいです。私は普段アニメを見ていてBGMを気にすることはないのですが、このBGMだけはずっと頭に残っています。
では『寄生獣』の海外の反応です。

スポンサードリンク


『寄生獣』海外の反応


評価:★★★★★★★★★☆
『寄生獣 セイの格率』は魅力的なアニメだ。
視聴者に、人間であることの意味、人間と他の種を分けるものは何かを問いかけ、人間の残酷さの真実を視聴者の顔に叩きつける。
このレビューでは、『Fear, and Loathing in Las Vegas』によるオープニング曲『Let me hear』の歌詞を参考として使う。

食物連鎖を知っているだろうか?私たち人類は、その頂点に確固として立っている。私たちを脅かすもの敵などいない、絶対的捕食者なのだ。
私たちの主な死因は、老衰、病気、事故、殺人だ。全体的に見て、他の種によって私たちの命が終わらせられるのはかなりのレアケースだ(もちろん、全くないと言うわけではない)。
家畜化、狩猟、都市開発など、様々な理由によって、私たち人類にとって、他の生物を死に追いやることはとても簡単なことだ。
その通り。君は地球上で最もくつろげる種なのだ。他の種がいつ殺されるか分からない恐れとともに生きている中、君はノートPCを前にくつろいで座っていられる。

『寄生獣』では、地球外生命体が現れ人類を脅かす。彼らの出現は、人類が食物連鎖の頂点に築き上げた確固とした土台を揺さぶり、人々は殺されることを恐れ、彼らを「モンスター」と呼ぶ。
長い間地球上の覇者であり続け、突如その座を奪われると言うのは、私自身も含めて誰にとっても死ぬほど恐ろしいものだ。

『寄生獣』はただのSFアニメに過ぎないと分かっている。しかし、私たちの住む世界の本質と、「真の悪魔は人類だ」という事実を無視したり、その事実から逃げ出したりするべきではないということを幾度となく思い出させる。私たち自身の利益と身勝手さのために自然を破壊し、他の種族を征服し、世界のルールを作る力を持つ者たちとして。

私は皮肉的になり過ぎているだろうか?おそらく。しかし、これがアニメを見終えた時に『寄生獣』が私に残した、自分たちが生きる世界に対する私の見方を変える、力強い、そしておそらく長く残るであろう影響だ。
20年前に完結した同名漫画のアニメ化として『寄生獣』はそのストーリーを完璧に展開されており、製作者たちは作品のペースを決定する全ての権限を持っていたようで、とても素晴らしく描かれていると個人的は思っている。

アニメーションは一流と名高いマッドハウスが担当しており、そに関して大きな問題は見られない。
背景はよく描かれており作風に合っている。動きは滑らかだ。「普通の」人間の表情は素晴らしく見事に表現されている。
この面に関して1つ私が感心したのは、マッドハウスはキャラクターをデザインし直し、漫画版と比べて区別がつきやすく、魅力を高めているということだ。
自主規制はされているが、私が今までに見た他のいくつかのアニメ(例を挙げるなら、『東京喰種』の1期や『pupa』などだ)と比べると遥かに上手くなされている。

音響に関していうと、Ken AraiがほとんどのBGMを担当しており、ほぼ全てが挿入されたシーンに合っていた。
オープニングとエンディング曲はどちらも素晴らしい。
オープニングはエレクトロ・メタルで作品のために書かれた歌詞を持っている。
エンディングはゆっくりとした落ち着いたバラードで、作品がもたらす陰惨な感情的経験を和らげてくれる。
声優の多くは業界での豊富な経験を持っており、彼らがこの作品で演じているのを見られるのは本当に楽しかった。

さて、キャラクターに関してだ。ストーリーは日本人によって書かれ舞台も日本としているので、同じアジア人として、キャラクターたちの取った行動に関して理解できる。あるキャラクターが気に障るとか、その行動が理解しがたいなどといった不満も見られるが、これは文化と育った環境の違いによるものだろう。言い換えるなら、誰かの行動の批判をする前に、その人間の様々なバックグラウンドを考慮すべきだということだ。

全編を通して、私たちはパラサイトたちの性質、そして彼らが徐々に進化していく様を見ることになる。これはとても興味深く魅力的だ。
何匹かのパラサイトはより知性を持っており、単なる人類に対する捕食者にとどまらず、彼ら自身について、人間について、そして世界について学ぶことを欲する。彼らの変化は、人類の本質という主題に関わってくる。

『寄生獣』を見ることは本当にスリリグな体験だった。笑って、泣いて、そして作中に起きる様々な出来事に悲鳴をあげた。本当に夢中になった。
私はこの作品を3日で見終えたが、そのことからも私がいかにこの作品を楽しんだか分かるだろう。

残念なことに、最後までいくつかの疑問が解消されず残っており、視聴者は欠けている点をつなぎ合わせなければならない。
また、作中では物語を進めたり、いくつかのキャラクターを掘り下げるために、あまりにも多くの偶然を利用し過ぎている。

結論として、『寄生獣』は広い意味で私たちの世界に関して考える多くの材料を提供してくれる素晴らしいアニメだ。
もちろん無力な一個人である私たちはほとんど変わることなく、今まで通りの生活が続くだろう。
だが、どうだ、シャワーを浴びている時に考えるちょっとした疑問、それもそう悪いものじゃないだろう?
君が猿とは違うと証明するんだ!(笑)

評価:★★★★★★★★☆☆
僕はこのアニメをある日の午前4時頃に見始めた。超暇で寝れなかったから、CrunchyRollの人気リストを見てたら偶然このアニメに出会ったんだ。その夜にはそれまでに公開されてた全エピソードを見終わった。
見続けていくうちに、このアニメに魅了され、もっと見たいって思った。
僕が今までに見たアニメと比べてストーリーが個性的で、総合的に見て素晴らしい体験だった。
このアニメに関していくつか好きではない部分もある。例えばエンディングには何かが欠けていると感じたけど、それ以上詳細は書かないことにする。
それとサブキャラたちの掘り下げはゆっくりし過ぎていて、何人かのキャラクターに親近感を持つのは難しかった。
最後に。このアニメを評価するなら10点満点中8点だ。詳細に欠けている部分と、残念なサブキャラの掘り下げがこれ以上のハイスコアをつける妨げになっている。でも個性的なストーリーと、各エピソードの「引き」がこのアニメを素晴らしいものとしていると思う。

評価:★★★★★★★★☆☆
俺はアニメの大ファンってわけじゃないけど、それでも他のアニメとは違って『寄生獣』にはやられたよ。このアニメとその最高なキャラクターには物語の初めから虜になった。
このアニメは9点に値すると信じてるけど、以下の理由で8点をつけた。

ここからネタバレ。


物語の初めの方に出てくる君嶋加奈というキャラクターが出てくる。このキャラは個性的な能力を持っていて、それは彼女をこのアニメの世界に完全に調和させるものだ。彼はアニメに対して大きな可能性を持っていて、数話後の死よりも多くのものをアニメに提供できたはずだ。正直彼女の死は完璧に俺を打ちのめしたし、この素晴らしいキャラを壮大に無駄にしたことで、このアニメに8点をつける。


ここまでネタバレ。

一方で、アニメの作画はかなり凄かった。特にパラサイトの戦闘シーンは。
全編を通して、キャラクターは大きく成長する。でも個人的には、新一の外見の変化はやりすぎだって思った。
でも、基本的に全部のキャラがちゃんと成長する。優柔不断なクソ女、村野を除いてな。

素晴らしいアクションと、物語全体にうまく広がったちょっとしたロマンスのアニメを探してるやつら全員にオススメだ。


[まとめ買い] 寄生獣(アフタヌーンコミックス)
翻訳元:MAL(https://goo.gl/oM2yte)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

初っ端の感想からしてなんかちょっと違うんだよね
原作者の後書きを見れば分かるけどまるで意図を読み違えてると言うか
原作者がそう思われたくないから改変した部分がまるっきり無視されてる
アニメの部分でもあったはずなんだけどなぁ

2017-01-06 09:31 │ from URL

キャラや時代の改変は許せても、キャラの性格の改変はアカン。かなりアカン。

2017-01-06 10:24 │ from URL

No title

心に余裕を持ちたいね
自分で動画上げて犯罪自慢するような人達は
寄生獣な気がしてならない…。

2017-01-06 10:33 │ from URL

興味深い意見でしたね。自分は原作を高校時代に連載で読んだクチでしたが。
アニメも原作の意図に沿って良かったと思っています。ちなみに同級生が
この漫画を読んで海洋生物の保護運動を一生の仕事にしています。大学の教授を
務めながら、和歌山で行われている海洋生物虐待への抵抗運動もしています。
いろいろと考えさせてくれた漫画だったなと今でも思います。

2017-01-06 10:36 │ from URL

No title

利権(カネ)が絡むと余計に歪むのも
ある意味自然の摂理だからしょうがないよ。

2017-01-06 10:44 │ from URL

シンイチは最後、やっぱり後藤をコロ 、すやん
人間は確かに残酷だけど、別に他の生物が愛に溢れてるわけではない

ヒトと他の生物の目方の重さを、誰が決めてくれるんだ
それは誰もが決められるし、誰も決めることができないこと。考え続けるってのが大事。寄生獣を見てそう思ったかな

2017-01-06 11:15 │ from 名無しURL

No title

はじめのレビューの方、根本的に勘違いしてる部分があると思う。
本編で言及してないけど、

「寄生獣(パラサイト)=地球外生命体」
ではなく
‟地球上のどこかで自然発生した生命体”
だと思います。

ウイルスをマクロファージが撃退するように。

2017-01-06 11:27 │ from URL

No title

最初の人は広川市長の演説の時点で思考が止まってるのかな

2017-01-06 14:52 │ from  URL

No title

突っ込んできた車を片手で止める高校生(アニオリ)
車に撥ねられ動きが鈍る後藤さん(原作通り)

シンイチがアラレちゃん並の超人になってて素晴らしかったね

2017-01-06 17:48 │ from URL

No title

アニメ版は構成自体がアレだったし原作のゆるーい部分もスポイルされてしまったのが残念
ここに時間取るからあそこが話のど真ん中にきちゃって場面転換出来てないとか
そのために母親や村野を通した日常に帰ってくるシンイチが上手く表現できてない
原作の岩明均がコマ割や構成なんかが天才的だからなおさら目立つ
キャラデザはうーんって感じ。
村野はもうちょいかわいく出来たんじゃねぇ?ってトコ

2017-01-06 18:31 │ from URL

No title

>突っ込んできた車を片手で止める高校生(アニオリ)

寄生獣(ミギー)の部分は耐えられても、人間の体は耐えられないよねぇ。

2017-01-06 19:06 │ from URL Edit

原作は好きだがアニメは見なかった、これからも見ないだろう。見れば面白いとはよく言われてるみたいだけど、見る気が起きないから確かめようもない。
ただ、漫画版だと見る気が起きないけどアニメ版は見る気になれる人もいるに違いないから、結果作品に触れる裾野が広がって良いことだと思う。

2017-01-06 19:52 │ from URL

No title

>寄生獣(ミギー)の部分は耐えられても、人間の体は耐えられないよねぇ。

このレベルでいちゃもんつけてたら、ほぼすべての漫画アニメは成立しないぞw

2017-01-06 21:08 │ from  URL

No title

原作は無駄な部分が一切ないくらい完成された作品
アニメは主人公の性格を変えたせいで影響を受けてミギーがなぜ他の寄生獣と違う進化をしたのかがちゃんと説明できてない
あとこの作品は根底は人間を肯定してる作品なのはちゃんと見れば理解できるはず

2017-01-06 22:01 │ from URL

No title

これは名作アニメ、大ヒットアニメになり損ねた作品
原作漫画が完璧だっただけに、アニメ化がそこまで話題にならなかったのは残念

主人公の性格を変えた事、キャラデザを変えた事が失敗だったと思う
今風のキャラデザにしたせいで、どっかで見た様などこにでもある様な絵になってしまって印象が薄く、他の作品との区別がつかなかった
ジョジョ見ても分かる通り、古臭かろうが原作画のイメージを保ったアニメの方が遥かにインパクトがある

原作に忠実に上手く作っていたらミギーフィギュア大人気とかになったかも

2017-01-07 00:25 │ from  URL

No title

Next To Youって曲、昔はまってたフリゲの曲と似てて余計に印象残ってるわ

2017-01-07 03:17 │ from 名無しさんURL

No title

日本じゃ普通にアニメ化失敗の一例として挙げられるくらいの評価だからな
マッドハウスともあろうスタジオが、何でこんな変な改変したんだろう
アニメ新規にも原作厨にもそっぽ向かれて、グッズも円盤も売上振るわなかったし

2017-01-07 13:01 │ from URL

No title

>ちなみに同級生が
この漫画を読んで海洋生物の保護運動を一生の仕事に~

あ~、ラストシーンであった「他の動物の気持ちがわかった気になっている人」になっちゃったか…
(セリフはうろ覚えだけど)
ほんと、ヒマをもてあました人間って、スバラシイな~(棒)

2017-01-09 03:07 │ from   URL

No title

市長選の環境問題うんぬんは今聞くと古臭くて違和感覚えるけど
アソコ改変すると物語の主題に影響するからな

やっぱあの時代だからできた作品
今更アニメ化すべきじゃなかった

2017-01-09 07:47 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

なんだかんだ言ってアニメ化はよかったと思うよ。
漫画見てない人にはやはり衝撃だろう。

2017-01-09 09:56 │ from URL

No title

これとうしおととらはアニメ化が遅すぎた。
かといって当時の稚拙な技術でアニメ化しても描き切れたか難しいと思われ…。
タイミングが悪かったよな…

2017-01-09 16:04 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/67-35b8e06b