【モアナと伝説の海】海外「エンディングロール中に観客から拍手が沸き起こった」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【モアナと伝説の海】海外「エンディングロール中に観客から拍手が沸き起こった」


©️Disney.

今回は日本のアニメではなく、ディズニーの新作アニメ『モアナと伝説の海』の海外の反応です。
日本では今年の3月10日に公開予定となっていますが、本国アメリカなどでは昨年のうちに公開され、昨日発表されたアカデミー賞長編アニメ部門にもノミネートされております。
ストーリーはありきたりな冒険譚ですが、テンポよく、軽快なミュージカルで、何より映像が素晴らしかったです。3DCGの映像美を表すのに海の舞台は最適ですね。音楽も素晴らしく、1ヶ月以上前に一度観ただけなのに今でも耳に残っています。
3年ほど前にヒットした『アナと雪の女王』は女の子向けでしたが、『モアナ』は男の子も楽しめる内容だと思います。
日本でもアナ雪並みにヒットする可能性もありそうです。

ちなみに、ディズニー映画は分かりやすく聞き取りやすい英語を使っているので、英語の映画やドラマを字幕なしで見てもさっぱり分からないという人も、ディズニー映画だと9割理解できたりします。
ディズニー映画のセリフでも何言ってるか分からないという人はリスニングよりも、語彙や文法の勉強が足りていないということなので、自分の英語のレベルを計る良い目安になると思います。

では、『モアナと伝説の海』の海外の反応。ポジティブなレビューとネガティブなレビューを1件ずつ。
ネガティブなレビューの方は、狙ったわけではないのですが、またクリスチャンの方の意見を翻訳しています。
ネタバレはありませんが、映画に関して観る前に何も知りたくないという方はここでお引き取りを。

スポンサードリンク


『モアナと伝説の海』海外の反応


評価:★★★★★★★★★★ / ただただ素晴らしい
この映画は本当に壮大で、間違いなくディズニーのベスト映画の1つだ。
ただの静かな生活以上の何かに運命付けられていると感じながら育った少女が、世界を救うための旅に出ると言う昔ながらの「冒険もの」だが、そこに至るまでが素晴らしい。

アニメーションは他に並ぶもののないできだ。実写のキャラクターが混ざっているのではないかと二度見しなければならいシーンもあった。『トイストーリー』の頃から比べると隔世の感がある。

他のディズニー映画(に限らず、大半の映画)と違い、モアナは彼女の目的を自らの力で達成しようとする能力があり、私がディズニー映画と言えば真っ先に思い浮かぶ、恋愛要素はない(その主人公の描かれ方は宮崎映画に近い)。

サウンドトラックもまた素晴らしい。映画を観た後、5歳の娘にアルバムを注文させられた。全曲が、冒険心や波を乗り越える感覚を喚起させ、とても雄大だ。
この映画の素晴らしさを端的に表すなら、これは私が、エンディングロールの最中に観客の中から拍手が沸き起こったのを目撃した2つ目の映画だ(1つ目『インターステラー』だ)。

この映画に欠点があるのは間違いないが、何人かのレビュアーは映画も見ずにネガティブなレビューを書いているようなので、バランスを取るために10点をつけた。

評価:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ / 最低で過大評価されたディズニーの新たな映画
あなたたちの多くが知っているように私はディズニーを嫌悪しています。奴らは企業宣伝の典型で、ゴミクズを「芸術」だと中流階級の人間に思い込ませ騙しているのです。
奴らの作った不愉快な「アニメ」映画は、そんな乙女チックなお姫様アニメは子供向けのものだと知っている真の批評家には非難されています(SoulBrothaNumba3 ※訳注:多分映画などの批評をしているYoutuberのアカウント名)。
しかし、それでもディズニーは批評家たちを買収し、奴らのくだらない宣伝を、盲目的に「名作」だと賞賛させることに成功しています。
『ズートピア』のような身の毛のよだつ擬人化アニメが、『バットマンvsスーパーマン』のような暗く、映像的想像力に富んだ作品より評価されて良いはずがないのです。
『千と千尋』のような日本かぶれのゴミや、ピクサーのオナネタ『トイストーリー』が『2001年宇宙の旅』や『エクソシスト』より評価されて良いはずがないのです。
『カールじいさんの空飛ぶ家』や『トイストーリー3』がカテゴリーの拡大を目的とした賄賂によって作品賞にノミネートされたことや、自称正義の味方たちが『羊たちの沈黙』の「不快さ」を喧伝するために『美女と野獣』がノミネートされたことをもって、これらの作品を持ち上げてはいけないのです。
実際、アニメのカテゴリーを設けるということは、アニメという堕落した安っぽいジャンルと比べて、多大な労力を注いでいる実写映画に対する冒涜です。
『モアナ』に関して言えば、その中でも最悪です。アニメに生体構造などというものは存在しませんが、この作品はまったくとんでもない。フットボールがくっついた気球のような男。ディズニーよ、正気ですか?!
それだけではなく、この作品にはあからさまな悪魔崇拝の助長と同性愛への賞賛(訳注:そんなシーン無かったと思いますが・・・)、男女の役割に対する拒絶が見られます。
つまり、もしあなたがあなたの子供たちにキリストの信奉者であってほしいと願っているなら、何があろうとこの映画は避けねばならないのです!
ああ、それからティーンエイジャーの女の子と一緒に「冒険」に出る小児性愛者の男が出てくることも忘れてはなりません。

ストーリーは他のディズニー映画同様、ありきたりで独創性に欠けるものです。子供や、十分に成長しておらず正しい心身機能(ブロニー(※下記訳注参照)や無神論者、ディズニー/マーベル好きな幼稚な男たちに欠けているもの)を持っていない大人に向けたものですから、そこに骨を折る必要はないのです。
(※ブロニー:米TVアニメ『My Little Pony』が好きな成人男性。日本で言えばプリキュアおじさんみたいなもの)

音楽は、過大評価されたクソである『白雪姫』以来続く、他のゴミのようなディズニー映画同様、知恵遅れで子供っぽい8歳以上の者のための、うるさく、耳障りなものです。

もし、あなたがこのゴミにお金を払って映画館で見ようというのなら、愚劣さ、自由主義、幼稚なものを受け入れると言っているようなものです。
あなたの小さな娘さんをこの子供騙しの宣伝品に置いて、あなたはもっと男らしく大人びた映画を観に行くことを勧めます。
男の子ならこの映画を観るべきですらない。私が子供の頃は、みんなこのようなゴミを嫌っていたものです。

- ジョビー・ディムス / ファーミントン教会牧師


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
翻訳元:IMDB(https://goo.gl/BYNMVu)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

またずいぶんと極端な賛否両論だなw

2017-01-25 07:33 │ from 名無しさん@PmagazineURL

伝説の海のモアナの方が好みかも

2017-01-25 07:42 │ from URL

No title

また雪穴ステマと同じことすんのか・・・・

2017-01-25 08:02 │ from 774URL

No title

原文を読んでないからなんともだけど
牧師様がこんな言葉遣いってなんか笑えるわw

でもディズニーアニメの音楽は確かにうんざりするな。

2017-01-25 08:37 │ from URL

荒ぶる牧師w

2017-01-25 10:34 │ from URL

No title

ディズニーは子供を対象にしたアニメを製作している訳だし、大人から観て子供騙しな映画だと批評するならまだしも、実写映画全体と比べているのがこの人ちょっとイタイ

確かにディズニーが大資本を投下した宣伝で、全世界におけるアニメの市場をほぼ独占している現状には思うところもあるにはあるが・・・

2017-01-25 12:07 │ from URL

No title

低評価の方は、
バッドマンvsスーパーマンを高評価してる時点で、失笑もんだわ。

2017-01-25 13:56 │ from 名無しさんURL

>シュジンコウガ褐色

うーん、ホワイトウォッシュしないと、日本ではウケないな

2017-01-25 14:31 │ from URL

No title

正直ディズニーの3Dキャラはどうしても受け付けない
アルペジオとか亜人みたいな2DCGキャラなら見やすいんだけどなぁ
ディズニーも一回本気出して昔のディズニーみたいに2Dのフルアニメーション作品でも作ったら?
だったら見る気起きるかも

2017-01-25 18:34 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

アメリカのCG人形劇飽きた

2017-01-25 19:38 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

美女と野獣の映画が、悪魔崇拝の映画なので、びっくり、ました。


野獣のツノは、山羊の角で、悪魔の象徴のバフォメットそっくりの風貌ですね。

(バフォメットは、悪魔象徴の代表で、ルシファーと同列のもので、一番有名です。)


米国のミシガン州デトロイトに悪魔崇拝主義のバフォメット像にそっくりです。

http://karapaia.com/archives/52198358.html

(まねした物でしょう。)


なぜ、これほどの、悪魔崇拝の映画を作る、ディズニーにびっくりしました。

2017-02-18 09:20 │ from URL Edit

No title

ディズニーが手描き捨てたのは本当に勿体無いと思う
動く絵が好きな自分としては、3Dは人形劇みたいでどうも好きになれないわ
3Dの方が都合いいっていうのは分かるけどさ

2017-05-26 02:04 │ from URL

No title

批判の仕方が日本人には無いもので大層興味深い
彼の嫌ってるものと好いてるもの両方とも好きな自分としては(・∀・)ニヤニヤすらしてしまう。
知性ある馬鹿と言うべきものなのだろうが、繰り返すが日本にはあまり居ないタイプだ、その真性っぷりは読んでて潔ささえ感じる。

2017-06-19 12:08 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/77-f9b1812e