【うしおととら】海外「表情の表現が素晴らしい!」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


Powered By 画RSS

【うしおととら】海外「表情の表現が素晴らしい!」

ushio-to-tora.jpg
©️藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

今回は『うしおととら』のアニメ版の海外の反応です。
原作漫画は、私が子どもの頃に最もハマった作品の1つです。
思い出補正もあるかもしれませんが、あの頃のサンデーは熱かったです。
今時の子供にはこういうのはもう受けないんですかね?

スポンサードリンク


『うしおととら』海外の反応


評価:★★★★★★★★☆☆
2006年、『ワンピース』や『ナルト』はその人気のピークに達し、「Shounen」という用語が広く知られ、そのジャンルのアニメもまた人気を誇っていた。
あれから10年が経ち、その流行はすっかり衰えた。『うしおととら』のような古き良き少年もののルーツとも言える例外を除いて。

1990年代の原作を元にした『うしおととら』は現代のアニメファンが嫌う多くの要素を持っている。友情に関する演説、準完結型エピソード、乱暴な主人公などだ。
しかし、『うしおととら』は多くのアニメに欠けている多くの魅力がある。

主人公は蒼月潮、騒々しい14歳の少年だ。特に魅力的な顔というわけでもない典型的な外見の、現実的な普通の学生だ。『うしおととら』で本当に魅力的なのはもう1人の主人公、とらだ。とらは大きな非友好的な妖怪だ。彼が初めて潮に会った時はあまり好感の持てないキャラだったが、その後大きな変化が見られる。

『うしおととら』の物語は、いくつかの方に嵌ったエピソード完結型のストーリーで始まるが、それがキャラクターの掘り下げに大きく貢献している。
しかし、一度メインプロットが始まれば、作品の中の感情の激しさは増していき、夢中になるだろうことを覚悟しておいてほしい。
作中では多くのキャラクターが命を落とす。私が期待していた程ではないが、敵に対する怒りを掻き立てるには十分な程に。

作画は素晴らしい。限られた予算にも関わらず、作品を素晴らしく見せる一級品だ。作中の妖怪のデザインはどれもみな素晴らしく、古代の不気味さを掻き立てている。主人公が苦しんでいる時も、悪役が恐ろしく睨みつけるように顔を歪ませている時も、この作品で描かれる表情は強烈だ。

音楽に関して言えば私の興味を引く曲は1つもなかったが、ムードをうまく作っている。必要な時には重苦しくなり、それがとても記憶に残るシーンを作り上げている。特に、敵ボスキャラの凶悪性を見せるシーンなど。
声優はとても良い。潮の叫び声は本当に感情がこもっているように感じられるし、小山力也によるとらの表現は、彼が通常声を当てるキャラクターたちとは大きく異なるキャラにも関わらず、とても見事だ。敵ボスキャラの声は本当に傑出している。個性的で、真の恐怖感を表している。

ここまでのところ『うしおととら』一期は、膨大な数のアクションアニメに新たに加わる価値のある見事な出来だ。ゆっくりとした始まりではあったが、視聴者の興味を引き付けるために作品の持つリソースをうまく使っている。
ここまでの26話はとても素晴らしく、この先を見るのが楽しみだ。

評価:★★★★★★☆☆☆☆
2016年に生きる成人男性として、性の平等性に関してよく理解している。女性と男性は真に平等であり、みな性別や性的嗜好に関わらずそれぞれに個性を持っている。
私がこれを書いているのは、その信条によりこのアニメを心から楽しめなかったためだ。作中のセリフの1つに(正確ではないかもしれないが)こんなものがあった。
「男は一生のうちに何人の女の涙を止めてやれるんだろう」
ハァ・・・。このアニメが古い漫画をベースとしているのは知っている。しかし、改変はされるべきだった。

ストーリー:8点
ストーリーはとても面白く、上手く扱われていたと思う。各エピソードは興味深く、君を捕らえて離さない。

作画:7点
作画は問題ない。潮などいくつかのキャラクターデザインは不適切に見えたが、これは主観的なものだろう。古臭さは感じたが、私はそれが好きだ。ただ、時折、頭が大きすぎるように感じた。

音響:7点
オープニング曲は素晴らしいとは言えない。酷い出来というわけではないが、平均レベルには達していない。しかし、アクションシーンはよく描かれており、音楽がそれを適切に補完している。

キャラクター:4点
さて、問題はここだ。私は潮が好きではない。本当にただ好きではないのだ。私はあまりに強すぎるキャラクターが好きではないのだが、それ以上に世界が全てそいつを中心に回るというタイプのキャラクターが嫌いだ。
潮がいないせいでクラスの全員が退屈に感じるというシーンがある・・・。本当に、勘弁してくれ・・・。
しかし、それ以上に、私は、自分が女性に取っての救世主だと思い上がっているキャラクターが本当の本当の本当の本当に大嫌いなのだ。
喧嘩腰の女性が1秒間映されたと思ったら、次の瞬間には潮が、自分のせいだ、女を泣かせてしまったなどと言っているのだ。まったく・・・。
とらはまずまずのキャラクターだが、身近に感じられるものではない。その他のキャラクターは、ただ潮が以下にすごいかを語るためだけに存在している。

娯楽性・総評:6点
私はこのアニメを楽しみ始めてはいたが、それでも時代遅れ感は否めない。私は強い女性キャラクターが好きなのだが、このアニメにそれは一切見られない。
ストーリーとプロットは本当に悪くないので、それが気にならないのなら(いや、気にすべきなのだが)見て楽しめば良い。だが、多くの人が私と同様、それを無視することはできなかったようだ。

評価:★★★★★★★★★☆
私はこのアニメを観始めた時、本当に素晴らしい作品になるか確信がなかった。しかし、どうやら私は間違っていたようだ。素晴らしいストーリーが見事に描かれている。気味の悪いシーンもあるし、心温まるシーンもある。
作画はかなり良い。キャラクターの見せる感情はよく描かれており一級品だ。キャラクターの表情が感情をよく表している。いくつかの表情はあまりに気味悪く鳥肌が立った。
私がこの作品に9点を付けたたった1つの理由は主人公のデザインのせいだ。もう少し良くデザインできたはずだ。

結論:かなり素晴らしい作品だし、もし君がまだ見ていないなら、是非見るべきだと個人的には思う。キャラクターたちは好感が持て、感情がよく表されている。総合的に見てMAPPA(訳注:制作会社)はとても良い仕事をした。


双亡亭壊すべし 3 (少年サンデーコミックス)
翻訳元:MAL(https://goo.gl/SSUPy8)
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

古い作品なので連載当時の感性というか時代性と同じ気持ちを
今現在味わえるかといったら難しいのかもしれない。
最近うしおのような主人公が少ないから、そういう作品に慣れている人は好きになれないのかもしれない。

当時大好きだったからアニメで見られて嬉しかったし、
自分はそんなに文句もない。

ただリアルタイムでこそ伝わった感動が
未見だった人たちに今感じてもらえないのは残念です。

2017-01-31 09:06 │ from URL

一生残る恐怖と衝撃で、一生残る愛と勇気をね!
この言葉には妙に納得したw

2017-01-31 09:29 │ from 名無しURL

No title

衾のことかと思ったわ

2017-01-31 09:48 │ from URL

No title

作品は好きだけど正直潮は私も苦手だ
嫌いじゃないし愛着はあるけど、あまりの熱さにうーんと思うこともよくあった
でもあのひねくれたところのない純粋なキャラだからこそ、周りのキャラが引き立つのかなと思う
白面の者とはまさに陰と陽で対極にあったし
苦手ではあるけど潮はあのキャラじゃなきゃダメだと思う

2017-01-31 10:11 │ from URL

No title

まあ日常で潮がいたらかなりウザいだろうな。
絶望的状況ではあの性格で助かるけど。

2017-01-31 10:37 │ from 名無しURL

No title

原作内でもクラスメイトから潮に対して好きと嫌いに分かれてたなぁ。
煩い、うざいって。だからリアルな反応もそうなんじゃないの。
放送中に潮をえらい毛嫌いしてた人いたけど。
話自体が暗いから、あそこまで真っ直ぐで明るい主人公で良かったと思ってる。
ただでさえ死人出まくりなのに、主人公まで暗いとキツイわ。

2017-01-31 12:41 │ from URL Edit

No title

うしおととらは少年漫画には珍しく主人公が成長しない
ある意味最初から成熟してるのよ
エヴァのシンジくんやアムロ・レイとかと比べると異質さが分かると思う
横島やポップみたいな成長枠として読者が感情移入できるキャラもいないし
故にうしおの行動原理に共感できない、ウザいと感じる人はもう入り込めないんじゃねーかなぁ

2017-01-31 13:13 │ from  URL

白面のものと大魔王バーンは最高のラスボス。

2017-01-31 13:35 │ from URL

No title

>私はこのアニメを楽しみ始めてはいたが、それでも時代遅れ感は否めない。私は強い女性キャラクターが好きなのだが、このアニメにそれは一切見られない。

この感想が個人的には納得できんかな。
価値観の違いだとは思うんだが、日本人の思う「強い女性」はちゃんと出ているから。
おそらくこの人は西洋的な「自分の権利を主張する」表面的な強い女性像を求めてるんじゃないかな。

2017-01-31 13:51 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

とりあえずこいつらは2期まで全部見てから評価し直す必要があるな

2017-01-31 15:21 │ from URL

原作読めばわかるけど潮って女子のクラスメートにそんなに好かれてなかったよね
確かお外堂さんあたりで

2017-01-31 16:33 │ from URL

そもそも漫画読んでからアニメ見た方が良いと思うのよね(うしおととらとか東京喰種とかソウルイーターとか)
仕方なかったとは言え色々変更、カットされたアニメ版を基準に全て評価するのはちょっとって思う

2017-01-31 16:38 │ from URL

No title

アニメはサブキャラクターの良いところ
ほとんどカットしてるからねー
やっぱり漫画版を読むべきよ

2017-01-31 16:59 │ from URL

No title

尺面の者に敗れたよな…1期をダイジェストにして2期にやりたい事やったのは苦肉の策だな

2017-01-31 19:18 │ from 芸ニューの名無しURL

No title

2番めの奴キモすぎ

2017-01-31 20:17 │ from URL

No title

やっぱ良くも悪くも古さを感じる作品だったな

2017-01-31 20:29 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

まあこういういろんな事件を解決しつついろんな女の子と出会って・・・
みたいな作品は嫌いな人は本当に嫌いだろう
良くも悪くもラノベの原型みたいな感じだな
禁書やsaoにも強烈なアンチがいるしね

ついでに言うとサンデーのバトル漫画は割とこのパターンが多いかも

2017-01-31 21:12 │ from URL

俺も潮は苦手だったが
とらが好きだったから読み続けた
ダブルス主人公でよかったよ

2017-02-01 10:16 │ from あURL

設楽水乃緒がいない!!! 山魚やさとり、凶羅だっけ? 心臓で動くからくり人形や雪女やらカット凄まじいからな
次はからくりサーカスやってほしい

2017-02-02 00:18 │ from (*´・ω・)URL

No title

>おそらくこの人は西洋的な「自分の権利を主張する」表面的な強い女性像を求めてるんじゃないかな。

いや、もっと単純に肉体的に戦闘力のある女キャラの事だよこれ

2017-02-08 21:49 │ from URL

No title

戦闘力のある女キャラの事

槍伝承者候補いたのに
日輪だっけ?

2017-02-24 12:13 │ from URL

No title

自分の価値観で、時代遅れとか決めつけちゃう傲慢さよw

確かに古い漫画であることは確かだが、別にあの時代のキャラが全員、潮みたいだったか・・と言えばそうじゃないだろう。
昔から色んなパタ-ンのキャラは居た訳だし。
潮のあの熱いキャラ設定は、潮の個性と魅力であるだけで、時代とか関係ない。当時も受け入れられる人、受け入れられない人がいただろうし。

キャラの性格が嫌いか好きかは、ただの個人の好みだから勝手にすればいいけど、不要なレッテル貼りでバッシングするのは好きじゃない。

安易なレッテル貼りには、自分の主張を無理やり正にしようとするコス狡さしか感じない。自分の意見の賛同性を高める為に、他を貶して、議論もなく最初から自分が正の側に立とうなんて意見でもないでもない。
こんなのタダの感想を誘導するアンチ。

2017-03-14 17:19 │ from URL

No title

女の子の涙を止める云々はまあ鼻で笑っちゃうけど、
騎士道精神的ヒロイズムっちゅーか少年の夢なんだろうな

2017-04-22 11:16 │ from 名無しさん@PmagazineURL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/78-f5bd938e