【この世界の片隅に】海外「この映画はプロパガンダだ」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


【この世界の片隅に】海外「この映画はプロパガンダだ」

前回、前々回に引き続き、『この世界の片隅に』の海外の反応。
今回はネガティブな反応も取り上げてみました。
荒れないと良いのですが・・・。

関連記事:
【この世界の片隅に】海外「かつての仇敵であり現在の友から歴史的教訓」
【この世界の片隅に】海外「ティッシュ・・・。ティッシュがたくさん必要だ・・・」
【この世界の片隅に】海外「僕たちが必要としている種類の戦争映画だ」

スポンサードリンク


『この世界の片隅に』海外の反応


評価:★★★★★
このアニメは信じられないほど素晴らしい。
この映画を見た後、みんな圧倒されてしまって立ち上がることも喋ることもできなかった。
本当に歴史的名作だ!!

ストーリーだけじゃなく、他に3つの際立った側面がある。

まず第一に、何年にも及ぶ、その町に住む人々へのインタビューと歴史的街並みの調査をベースにしていると言う点。
そのため、描写やディテールは真に迫っている。

第二に、アニメーションはいわゆるVR的手法をベースにしていると言う点。例えば、他の一般的アニメと異なり、箸を握る際の手の動きが省略されずちゃんと描かれている。
動きが丹念に描写されているのだ。
(この映画を退屈に感じたと言う人たちは、動きの速いアニメに慣れすぎて、この丁寧さを楽しめなかったからではないかと思う)

第三に、主人公の声優が極めて素晴らしい。
彼女の演技がこの映画を本物の物語に、そして本物の歴史にしている。
(彼女は「のん」という名の日本の女優だ。芸能事務所から長年嫌がらせを受け「能年玲奈」という彼女の本名を使うことを禁止されている)

資金面で言えば、この映画は日本ではあまり一般的ではないクラウドファンディングによって作られた。
日本に住む多くの人たちがこの映画が作られることを望んでいたと言うことだ。

コトリンゴによる曲も素晴らしい。

この映画がいかに素晴らしいか言葉にするのは難しい。
とにかく見る価値のある映画だ。
是非見てくれ!!

評価:★★★★★
母と祖母が話してくれた通りの第二次大戦中の女性の生き方だ。
悲しいけど、見事だ。。

評価:★★★★☆
私の友達は1930年代後半、11歳で日本に住んでいたんだ。この映画は彼女が私にしてくれた話を思い出させてくれた。

評価:★★★★★
人間の精神の不屈さを叙情的に描いた悲しい肖像。現代日本の最高傑作。

単純明白、視覚的にも心情的にも心を打つほど美しい映画だ。
第二次大戦中の日本を率直に見事に描いている。時代、場所、風習を正確に描くため多大な努力を払っていることがよく分かる。
見る者が気づかないであろう小さなところまで描いている。例えば女の子とが鉛筆の削りかすを教室の床に空いた小さなゴミ捨てような穴に捨てるところなどだ。
戦争は確かにこのストーリーの一つの要素だが、これは「戦争映画」ではないし「反戦映画」でもない。「おい、マジかよ、アメリカくそだな」とか「戦争ってホント酷いわ」などと言わせるのが目的の映画でもない。この映画が主題としているのはそんなことではないのだ。単に、この世界に自らの居場所を見つけようとしている女性の、穏やかな個人的な物語なのだ。
戦争の悲劇はそれを色付けている。私たちは生きねばならぬという単純な切望と人間の精神の不屈さの証という点では『聲の形』に似ている。陳腐ではあるが「愛は逆境を克服する」という格言がまさにこの映画のテーマなのだ。
さて、要するに、この映画は君を赤ん坊のように泣かせはしないということだろうか?
そんなことはない。
君が私のように感情的な人間ならティッシュの用意を忘れずに。

評価:★★★★★
私はこの映画を日本から帰る飛行機の中で見ました。まさかこんな感情的な旅になるなんて。
警告:もしあなたが既に落ち込んでいたり何かに悲しんでいるならこの映画を見ないように。
素晴らしいけど、同時に酷いものでもあるから。
これは第二次大戦中の日本の若い女性の物語で、空襲が一般人の生活にどのような影響を及ぼしたのか外国人に教えてくれる。
絶対に見る価値はあるけど、心を締め付けられるものでもあるわ。

評価:★★★☆☆
この映画に関して覚えておくべきことは、日本人は彼らが唯一の原爆の被害者だって価値観を大切にしているってことだ。
この映画は日本人向けに作られていて、原爆がなければアメリカは日本本土に上陸して原爆で犠牲になった以上の人間を殺さなければいけなかったという事実を一切考慮していない。
日本軍が中国でやらかしたことや、連合国が完全降伏を要求していたことにも言及していない。
映画自体は良くできている。
静かでゆっくりとしたペースだが、物語をうまく伝えている。
でも、これはプロバガンダだ。『意志の勝利(訳注:ナチのプロパガンダ的映画)』ほどあからさまでも邪悪でもないが、それでもプロパガンダだ。
日本が第二次大戦時に侵略したアジアの国々はまだ日本のことを憎んでいて、それには正当な理由がある。
この映画が表している「私たちは善良で、ただこの酷い戦争が私たちの身に降りかかったんだ」ってその姿勢がまさにその理由だ。


この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット
翻訳元:【Amazon
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

No title

とても残念だけれど、制作者の意図に関係なくプロパガンダ映画であると感じてしまう人がいると言うことも事実だし

そういう考えを持ってしまう人もいると言うことを、知っておくことも大切だとは思うよ。

繰り返しになるけど、それはとても残念な事だとは思うけどね。

2018-05-20 19:04 │ from URL

No title

これがプロパガンダなら、プロパガンダじゃない映画ってどんな?

2018-05-20 19:13 │ from URL

No title

フィリピンを侵略して、60万人虐殺していたアメがよくいえるな

2018-05-20 19:19 │ from  URL

No title

>でも、これはプロバガンダだ。

というか、お前のコメントがプロパガンダだよ

2018-05-20 19:34 │ from URL

No title

>>日本が第二次大戦時に侵略したアジアの国々はまだ日本のことを憎んでいて、それには正当な理由がある

ってコメント自体がプロパガンダだろ
それをいうなら連合国が有色人種の国をほぼ全て植民地化してた事実に触れろ
こいつの言い方で言うなら全ての有色人種が白人国家を憎む正当な理由はある
全ての国の歴史教育や一方から見た戦争映画は全部プロパガンダって言わない限りダブルスタンダード

2018-05-20 20:06 │ from あURL

No title

作品の批判はあっても全然良いんだけど 
プロパガンダうんぬん言うのってそれはもう当たり屋じゃん
作品関係ないよ 当たり屋の理屈は会話になんねーからコメントは訳さなくていいよ

2018-05-20 20:37 │ from URL

No title

プロパガンダに見えるトンチンカンな人は
欧米人成り済まし大陸人か半島人だろw

2018-05-20 20:39 │ from URL Edit

No title

特定のプロパガンダに毒されてるからプロパガンダに見える。

場所や時代が違っても登場人物への共感って物語には重要な事だけど、そういった別の時代・場所の市井の人の共感まで否定させるプロパガンダって恐ろしいことですw

2018-05-20 22:00 │ from URL

No title

>でも、これはプロバガンダだ。
韓国人か?

2018-05-20 23:34 │ from URL

No title

まあ映画に限らずあらゆる表現はプロパガンダだよな。
そういう意味ではプロパガンダだと思う。
しかしそれでもアメリカの戦争映画ほどプロパガンダがひどいとは思わんが…

2018-05-20 23:42 │ from URL

No title

まあプロパガンダを信じ込んでるアメリカ保守なんてこんなものだろ

2018-05-21 00:44 │ from URL

No title

ネガティブな意見に対しては他の方も反論してるし、控えようかなとも思ったけど一つだけ看過できなかった

>原爆がなければアメリカは日本本土に上陸して原爆で犠牲になった以上の人間を殺さなければいけなかったという「事実」を一切考慮していない

勝手に「事実」にすんなw
可能性が大きかったのだとしても、それは多かれ少なかれ連合国側が立てた予測でしかない。「歴史にifはない」とはよく言われるのは、本当に起こった「事実」だけを拾っていかなきゃキリが無いからだ。「事実」と「if」を混同してる時点で歴史に対して意見するべきじゃないと思うよ

2018-05-21 01:12 │ from URL

No title

補遺

それは多かれ少なかれ(戦勝国である)連合国側(の都合が含まれた上で、あちらさん)が立てた予測でしかない

2018-05-21 01:16 │ from URL

No title

プロバガンダの影響受けたなは、一カ所あった。

主人公のすずが、日本の敗戦を知って、
「日本国民は皆しぬまで戦い続けないといけない!」と、力説した所。
大人達は目をそらしたけど、すずは純粋な分、そう信じていたんだろうな。

原爆落としたアメリカを責める演出は無かったと思うよ。

2018-05-21 01:35 │ from URL

日本が抵抗したのは無条件降伏なんてイカれたもんを要求したからだからな。

2018-05-21 02:50 │ from URL

No title

まあ、日本のことで「プロパガンダ」の主張をするのは、自分達が常にプロパガンダをやってる中韓人だけなんだよな。

2018-05-21 03:06 │ from 名無しさん@PmagazineURL

プロパガンダと思うかどうかは結局のところ教育による価値観なんだよな。
日本人が戦争映画を見て最終的に思うことは
「戦争はやっちゃいかん」になるのは
日本の教育で「戦争こそが悪」という教えによるものだからね。
これがどこぞの国の「戦争は日本が」という教育にすればどんな戦争映画見ても最終的に「日本むかつく」ってなるよね。

2018-05-21 03:49 │ from 名無しURL

No title

チョロいわー
コメ伸びるわー

2018-05-21 03:50 │ from URL

No title

悲しいけど世界からこういう人間はいなくならないよ。
税金みてーなもんだ。

2018-05-21 03:58 │ from URL

最初のレビュアーの日系感w

2018-05-21 04:26 │ from  URL

終戦が決まり素直に従う人達、戦勝国のふりした旗が翻る。
「最後のひとりまで戦うんじゃなかったんかね?」
「この国から正義が飛び去って行く」
「暴力で従えとったという事か」
つまりはこうゆうこと。どこの国だって「正儀」という名の「プロパガンダ」で戦争に向き合う。そして反省し”次"に備える。
本文の最後のコメントを書いた"戦勝国"との戦いは始まっている。

2018-05-21 05:40 │ from 七四三URL

No title

これをプロパガンダだと思うのは
自国がプロパガンダをやってきたからやで。
書き込んだ人の国籍が容易に透けて見えるね。

2018-05-21 08:58 │ from URL Edit

アメリカで9.11が成功して本当に良かった
失敗していたらヤケになったテロリストがより多くのアメリカ人を殺害していたと100%断言できる
広島長崎に比べたら被害者はハナクソみたいなチンケな数だが、9.11はどこかの宗教の神からの祝福に違いない
9.11を実行した人間に拍手を送りたい

2018-05-21 09:17 │ from URL

No title

翻訳ありがとうございます。
素晴らしい作品ですが、日本人じゃないと分からないのではないかと思えるような部分が多々あるので海外の反応は気になっていたんですよね。
今の日本との対比というか異なっている部分や変わっていない部分とか。
それが現代に繋がっている感じがして好きなのですが。
感想を見ているとそういう部分が分からなくても楽しんでくれたようで。
それともあの時代の生活なんてどこも似たようなものがあるのかな。

> 母と祖母が話してくれた通りの第二次大戦中の女性の生き方だ。
というのがどこの国の人か分からないけれど。

2018-05-21 09:43 │ from URL

No title

>原爆がなければアメリカは日本本土に上陸して原爆で犠牲になった以上の人間
>を殺さなければいけなかったという事実を一切考慮していない。
>日本軍が中国でやらかしたことや、連合国が完全降伏を要求していたことにも
>言及していない。

こういうバカ外人がいるから戦争になったんだろうよ
例えば、もしアメリカが某国によって一方的に貿易をシャットアウトの海上封鎖されたら、その時はどうするんだ?戦争を始めるだろ
歴史上、常に好戦的なアメリカ人が頭を垂れて封鎖解除を哀願するとでも言うのか?
それと日本と中国の事だけは強調するくせに、その前に英国が中国でやった事については頑なに口を噤んでいるよな
一方的な側面のみで、こんなもの全く議論にすらならないわな

2018-05-21 09:50 │ from URL Edit

No title

> 大人達は目をそらしたけど、すずは純粋な分、そう信じていたんだろうな。
今までの苦しみが嘘になってしまうから、縋り付いたんだと思うよ。

2018-05-21 13:49 │ from URL

No title

日本が中国でやらかしたこと、アジアの国々を侵略したこと、連合国との関係について吠えてるヤツ自身、そもそも戦勝国側のプロパガンダに乗せられて得た知識を前提に語ってるっていうことにまだ気づいてないようだな。

こういう輩がやがて歴史の客観的事実に触れ、真相を知る時期が訪れるのかは甚だ疑問だが、こいつが、科学的・客観的・理性的思考が苦手で何を言っても無駄なシナチョンではなく、戦勝国側の白人ならば、話せば少しは理解できるような気がするのは期待しすぎか?


2018-05-21 15:04 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

価値観の無理解・・とごり押し、
プロパガンダってね・・特定の主義・思想についての(政治的な)宣伝なの。
つまり、逆もまた真!戦争反対というプロパガンダそのものだよ。

本来なら何故?戦争が起きたのかの検証から始まる物だが
戦争=悪と決めて、物語を描く、真意を読み取れ無いのか?
平和ぼけの思考停止なのか?一方的に「戦争=悪」としている。

プロパガンダではない!と決め付ける思考が残念だよ。
この作品は主義・思想を語って無いの?・・・・大いに語ってるよね。
何が何でも戦争反対という思想主義者を代弁している。

全ての映画は、何かしらの主義・思想を語っている物です。

2018-05-21 16:47 │ from URL

No title

主義主張とプロパガンダは違うだろ。
主義主張には論拠が必要だが、
プロパガンダ(宣伝)には必要はない。
事実嘘関係なく宣伝するのがプロパガンダ。
こんなの、いちいち説明しなくても当たり前だと思うが?

2018-05-22 02:49 │ from URL

No title

最後の評価コメントを書くような人がいる限り、
「正義の戦争」は無くならないと断言できるわな。

2018-05-22 12:20 │ from  URL Edit

No title

いや、実際にアメリカ軍は日本の民間人を大虐殺していたから、プロパガンダじゃなく事実じゃないか。
日本軍がアメリカの軍艦や兵隊と戦っている間に、アメリカ軍は日本の女子供など弱い立場の民間人を焼夷弾絨毯爆撃や機銃掃射で無差別にホロコーストしていたのは事実。

2018-05-22 21:53 │ from URL

No title

人の非を責めても、己の非は隠せない

この映画をプロパガンダだというのは、否定しないけど
「このプロパガンダは間違っている」というのは賛成できない
作家は常に糸の切れた凧で、誰に操られるでもなく宙を泳いでいるものだ
しかし見上げる者からは誰かに操られているように見られるし、中には自分が糸を持ち操っていると錯覚する者も出てくる
だからプロパガンダ論争のような、極と極の思想闘争は下らない。

日本は戦争を起こしたし、その戦争で酷い目にもあったし、しかも敗けた
アメリカは反撃したし、酷い目にも遭わされた、でも勝った

これでいいじゃないの

2018-05-27 06:17 │ from ペコロスURL

No title

>この映画が表している「私たちは善良で、ただこの酷い戦争が私たちの身に降りかかったんだ」ってその姿勢がまさにその理由だ。
善良な一市民が”この戦争は間違ってる!やめるべきだ!”って言ったとしてもどうにもならないよね。
どうにもできないから日々を粛々とあるものだけを使って生き抜いていかなきゃいけない。その悲哀というかどうにもならない中でそれでも明るく行きていこうとする人をなるべくプロパガンダから遠い位置で描こうとした作品だと思うけど…。

そんな事言い始めたら全ての戦争映画は立ち位置を変えて見れば全部プロパガンダだと思うんだが

2018-05-27 12:59 │ from URL

No title

アメリカ人として映画『國民の創生』についてどう思っているのか聞きたいなぁ

2018-07-06 17:56 │ from URL

No title

やはりというか、アメリカ人は嘘の歴史を信じてるんだなって。
原爆が無くても日本は降伏準備を進めていたし、そもそもハルノート突きつけたのはお前じゃねえかと。

2018-07-07 18:52 │ from URL

No title

アメリカは日本が降伏するのを知って急いで実験のために原爆を落とした。
それに民間人を狙った大量殺戮は戦争犯罪。アメリカは自分たちのやったことに目を背けるためにそれらを抜かして原爆を正当化している。極一部のアメリカ人は近年ルーズベルトの本性を知って恥じているみたいだけどね。

そもそも中国や韓国が白人にビビって戦わなかったから日本は嫌々戦争したんじゃない。朝鮮半島まで白人が占領したらそこを拠点に確実に日本本土も侵略されてしまうからね。なのに野心だなんだ話をすり替えるようなこと言いやがって中間の臆病者が!

2018-07-10 08:26 │ from URL

No title

何でここで中国の話が出てくるんだよ。意味わからん。
まあ最後のコメントを書いた奴は、大体どこの民族の人間かは想像つくがな。
この映画はプロパガンダっつーか、事実だ。
原爆を描いた作品をプロパガンダ呼ばわりするのは、原爆の犠牲者に対する冒涜だ。
つーか、全く関係ない事で低評価してる奴のコメントは翻訳しなくてよろしい。

2018-07-30 00:06 │ from URL

はだしのゲンみたいな反米的なものは一切無いのに全否定とはな。ちゃんと見てないだろ。そもそもそんな発言する奴はこの手の映画なんて絶対見ようと思わないし。後ろめたいところがあるからそんな発言するんだよ。

2018-08-12 21:33 │ from あURL

最後のコメント、玉音放送後に段々畑で泣くすずさんの場面で朝鮮の旗が立ってるの気づいてないよね。
ちゃんと虐げられてる人達の事も描いてるわ。
漫画の方がセリフが直接的やけど。

2018-08-13 03:58 │ from URL

アメリカでは東京大空襲も名古屋空襲も沖縄上陸戦も歴史教材から欠落してるよね
改めて当時の状況を目の当たりにすればアメリカ人ならば「プロパガンダだ」と叫びたくなるんじゃないかな
悲しいことに、原爆のアメリカ人の認識は戦争を終わらせるため仕方なかったというのが常識のようです
戦争責任を日本に全て押し付けたWHOとアメリカ含めた常任理事国 日本が満州放棄を拒否した事で、日本に対する輸出制限をしたアメリカと開戦のキッカケになったハルノート
日本が被害者とか正義という事は口が裂けても言えないが責任を敗戦国に全て押し付けておいて目を背け、都合の良い話だけを信じてはダメでしょう
それでは中国や韓国と変わらない
もちろん日本も物資を求めてアジア侵略をした事実は変わりませんが…

2018-09-02 22:14 │ from URL

プロパガンダをずる賢く行なったのは戦勝国、常任理事国の奴等だろ
アラブ人を騙して侵略した英仏、ユダヤ人を真っ先に虐○した露、第一次では金儲けの為に彼等に荷担した米

上記で未だに植民地所有してる所もあるよな、勝てば官軍此れに尽きるわ

カブロン!



2018-09-21 15:15 │ from URL Edit

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/81-99afb01e