【もののけ姫】海外「この映画の何がそんなにすごいの?僕は何か見落としてるの?」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


【もののけ姫】海外「この映画の何がそんなにすごいの?僕は何か見落としてるの?」

前回に続き『もののけ姫』の翻訳。
ただし今回はレビューの翻訳ではなく、とあるフォーラムから。
この映画がなぜそんなに評価されているのか分からないので教えてほしい、という投稿者が立てたスレッドです。

スポンサードリンク



スレタイ:この映画の何がそんなにすごいの?


1:海外の反応さん
僕は宮崎駿のファンなんだ。『千と千尋の神隠し』は僕が最も好きな映画の一つだ。ついさっき『もののけ姫』を見終わったところなんだけど、なんだか頭を掻きむしりたい気分だよ。いや、酷い映画だったなんてことは全くないよ。でも、この映画が『千と千尋』と同レベルで語られるなんて訳が分かんないよ。

僕がこの映画に関して抱えてる問題はこんな感じだ。

1. エボシは最後に魔法でも掛かったみたいに変わってしまった。腕を噛み切られて村を壊されて、で、結局森の下にある鉄鋼はもういらない!っての?この心変わりを論理的に説明できる?

2. 帝の意図が全く説明されず、そもそもなんでそんなにシシガミの頭が欲しかったの?って疑問を残すだけだ。ただシシガミの首を刎ねてみんなに「自然は大事だよ」ってレクチャーをするためのプロットの一部でしかないように見える。

3. 僕はこの映画がロマンス主体の映画だと思ってたんだ。でも僕が間違ってたのか、ロマンスが上手く描かれてたのか。まず、彼らは恋に落ちるほどお互いのことを長く知ってる訳じゃなかった。それに、彼女は最初彼を助けるのを躊躇ってた。なんで彼らがお互い恋に落ちたのか分からないよ。彼女は彼がもものけに食べられそうになる前までは、彼のことを殺そうとしてたんだぞ。で、いきなり彼を助けるの?何それ?彼女が恋に落ちた理由が説明されなかったのと同様、彼女の心変わりも説明されてない。それはアシタカが恋に落ちた理由も同様だ。彼女はただの「苦難のお姫様」って感じだ・・・。お前なんで恋に落ちてんだよ?彼らの愛に関しては全く説明されてない。ただ適当にでっち上げて、それでいいでしょ、って感じ。本物のロマンスのカケラもない。恋人同士ってより、相棒って感じだ。

4. エンディングは拍子抜け。彼が恋に落ちたこの女の子にとって彼は「一緒に森で生きよう」って誘うほど大事な人じゃなかったってことだ。彼も愛した女に着いていこうとか、彼女の決断に抗議しようなんて気もない。つい先週出会った村の人たちの手伝いをする方が大事なの(笑)?!?ただお互いの道を生きてお互い時々訪ね合うの?愛し合ってるんじゃなかったっけ?一体なんなんだよこのエンディングは?

5. でもストーリーは良かったよ。そんなに感動するってことはないと思うけどね。森が壊されるかもしれないってことに全く同情なんてしなかったね。サンも彼女の一族も愛すべきキャラクターって感じじゃなかったしね。あいつらには映画を通してずっとイライラさせられたよ。猪一族なんてくそったれだ。あいつらの帰る家が無くなるかもしれないってことが全く悲しくなかったね。視聴者と森の間に心の結びつきなんて全く作られなかったよ。

この映画がひどい映画だなんて言うつもりはないよ。かなり良い映画だもん。ストーリーは良いし、キャラクターの二面性もすごい。でも、中途半端なロマンスと拍子抜けなエンディングのせいで消化不良って感じ。ただ、みんながなんでこの映画のことを史上最高傑作みたいに持ち上げてるのかが分からないんだよね。

2:海外の反応さん
人ってみんな違う意見持ってるもんなんだなー。ビックリしたわ。

3:海外の反応さん
いつこれが宮崎の最高傑作って決まったの?

1:海外の反応さん
>>2
皮肉るなよ。ただ僕が何かを見落としてるのか、この映画のコンセプトが映画を伝説的な扱いにしているのかと思って聞いてるんだ。

>>3
みんな宮崎の歩いた道に額を擦り付けて崇めてる。このサイトのみんなが『もののけ姫』に付いて話してる。ただ、この映画の何がそんなに凄いのか分からないんだ。

3:海外の反応さん
>このサイトのみんなが『もののけ姫』に付いて話してる
そんなこと話してるやつ見たことないけどな。でもこれは俺のお気に入りのアニメだな。

4:海外の反応さん
>皮肉るなよ。
彼は別に皮肉ってるわけじゃないよ。彼の言う通り。君は別に何かを見落としてるわけじゃないよ。他の人が楽しんだようには君は楽しめなかったってだけ。君を悟りの境地に導くような魔法の方程式なんかないんだよ。ただ君には面白くなかったってだけ。別に悪いことじゃないでしょ。

1:海外の反応さん
>彼は別に皮肉ってるわけじゃないよ。
いや、皮肉ってたでしょ。でも、良い映画ならなんで僕は楽しめなかったんだろう。RT(訳注:なんの略か不明・・・)で97%取ってるんだ。否定しようがないぐらい面白いはずなんだ。楽しめないなんてことはあり得ないはずだ。

1:海外の反応さん
>でもこれは俺のお気に入りのアニメだな。
じゃあ、この映画のどの部分がすごいの?僕はきっと何か見落としてるはずなんだ。なんでこの映画は君のお気に入りなの?

4:海外の反応さん
君は残りの3%ってことだな。

1:海外の反応さん
>君は残りの3%ってことだな。
僕が彼のすべての映画を楽しめたことを考えるとそうは思えない。ただこれが宮崎というブランドを持っているってだけで過剰評価されているのががっかりだ。まあしょうがないか。

3:海外の反応さん
>じゃあ、この映画のどの部分がすごいの?
この映画のほとんどすべてだな。俺は見直してる時ですらこの映画に完全に虜にされる。

1:海外の反応さん
>この映画のほとんどすべてだな。俺は見直してる時ですらこの映画に完全に虜にされる。
君の言いたいことがよく分からないけどもう1回見てみるよ。1回目には無かった何かに気が付くと良いんだけど。

4:海外の反応さん
>僕が彼のすべての映画を楽しめたことを考えるとそうは思えない。
多分君の心の持ちようの問題じゃないかな。自分でも気付かない内に何らかの先入観を持って映画を見たんだよ。『もののけ姫』は彼の他の作品に比べたらちょっと「重い」よね。だから僕が好きな『トトロ』や『千と千尋』を見た時は違う気分になる。それが何か関係してるんじゃないかな。

1:海外の反応さん
>『もののけ姫』は彼の他の作品に比べたらちょっと「重い」よね。
より真面目で重いってこと?そうかもね。すごい映画だって期待しすぎたからがっかりしたのかな。僕が特に気に入らなかったのはロマンスを期待してたからなんだ。だから中途半端なロマンスにがっかりした。これは多少のロマンス要素のあるアクション映画だってことを理解して見直してみるよ。

5:海外の反応さん
『もののけ姫』はロマンス映画じゃないでしょ。誰がそんなこと言ってたの?
それに君が楽しめなかったのは単に好みの問題だよ。

4:海外の反応さん
より真面目で重いってこと?
僕が見た彼のどの作品よりシリアスな内容だね。そうそう。ロマンスを期待しながら見たらがっかりするだけだよ。


メアリと魔女の花
翻訳元:【MAL

スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

恋愛部分だけの意見をみれば、自分で答えを書いてるけど。
ふたりは一旦敵対したが、惹かれ亜った。アシタカは単なる客人だし。
ちちくりあいたいけど、それぞれしがらみあるし、状況が許さなくてそれどころじゃない
終わってみれば古来の体制が一変してしまったから、とりあえずお互いの社会に戻ってこれから関係を築こうと言う話。
恋愛がちちくりあうだけの肉体関係しか想像できないマッチョには難しいわな

2018-05-25 18:36 │ from URL

福音派?

2018-05-25 18:48 │ from URL

No title

海外の千と千尋の評価の高さはなんなのか

2018-05-25 19:16 │ from 名無しニシパURL

No title

ロマンス主体の映画じゃないからなぁ。
日本人の間では、人間は自然破壊をして豊かさを得た罪深い存在って
前提が共有されてるから、森側の攻撃は無条件に納得出来るんだよね。
支配ではなく均衡を目指した話で人と森と共に生きる、物質主義と精神主義の葛藤だよ。アシタカは一種のアラミタマなんだろうね、公害によって身体を汚染された自然の怒りを体現してるんじゃないだろうか。シシガミが呪いを消してくれなかったのも、シシガミの首を取ったときケガレが蔓延したことも、人間の営みが自然破壊と切り離せず、そして人間さえも蝕む、切っても切り離せない業だと表現している気がする。しらんけど





2018-05-25 20:02 │ from   URL

No title

ぶっちゃけナウシカの焼き直し

タタラ場=風の谷
サムライ軍団=トルメキア
イノシシ軍団=王蟲
デイダラボッチ=巨神兵
アシタカ=なんかナウシカに出てきた脇役の少年

部外者の少年をを主人公にして
ナウシカを森に追い出して代わりにクシャナを村に持ってきちゃったから
オチが付けられなくなっちゃったけど
(まさかパヤオの本音の「人間なんて滅びたっていいんだよ!」ってのをぶちまけるわけにもいかんしなあ)

2018-05-25 20:05 │ from URL

No title

RT?
rotten tomatoesじゃねーの知らんけど

2018-05-25 20:29 │ from URL

No title

黙れ小僧!

2018-05-25 20:35 │ from URL

アシタカが村を出るまでの最初の下りは俊逸。

2018-05-25 21:51 │ from 名無し2号URL

No title

好いた惚れた言わなきゃ解らないとか
キスしなきゃ納得できねえとか
お子ちゃまにはまだ早すぎたんだよ

どう見たって半野人のサンがいきなり村で暮らせるわきゃねえだろうし
兄弟捨てて「あなたが好き!だから村に着いていく!」とか
なるわけないじゃんか

2018-05-25 22:15 │ from 00URL Edit

プロットを気にする人にとっては破綻しまくってるのがもののけ姫以降の宮崎映画。
監督本人がそういう整ったのが嫌で自分をとことんまで追い込んで論理を超えた無意識がら絞り出したものを描こうとしてるんだから、出鱈目なのは当たり前なのだ。

2018-05-25 22:26 │ from URL

No title

1から5まで全部おかしくないか
まぁ翻訳次第な部分もあるんだろうけど、こんなに伝わってないのか?

2018-05-26 00:27 │ from URL

No title

ハリウッド映画みたいなのを期待してたのねw
まあ日本人が見たって微妙だけど

2018-05-26 00:34 │ from URL

No title

表面上は自然と人間社会、文明との対立だったりするのだけど、この映画は苦悩とか葛藤がハナから無いんだよな。
どう自分の決めたいポーズの結論に持って行くか、監督が進歩的文化人としていいカッコしたい気分ばかり
なので映画を通した時に出力されるのは、監督自身や客である我々が身を切る痛みを伴わない他人事の自然賛歌でしかない。
自分の暮らしを振り返り、照らし合わせ、現実の自然を考えといったことはこの映画ではまずしないだろう
総論賛成、各論反対。そうは言ってもねえ‥と我が事の問題に監督自身がしてないのだからそうなる。
いろんな物を纏い着飾った見栄っ張りがそこにいるなあという映画で、宮崎ファンとしては残念だった。

2018-05-26 00:57 │ from URL

No title

2~3時間の物語で、ここまで古代日本の基本を、一通り描けてる作品なんか他に無く、民俗学の入門には最適
初期三作を除いた他のジブリ作品に比べると、明らかに良作と言って良い
むしろ千と千尋の方が印象が薄い

2018-05-26 01:16 │ from  URL

No title

2人が恋に落ちた描写なんてないだろ
最後は戦友みたいな気持ちで別れたはず
男女の友情で納得出来るのは日本人だけなのかね

2018-05-26 01:17 │ from 芸ニューの名無しURL

No title

アメコミの2元的な見方しかできないアフォなんだろ。

2018-05-26 03:11 │ from URL Edit

No title

まあ、他の作品に比べるとな

ハリウッド的とまではいかないがグッドエンディングに喜ぶのが当たり前な人からするとなんだかもやっとするのかもね

ただそれがブランドに寄りかかった駄作、的な評価はさすがに間違っているように感じるな
ナウシカ(映画版)ともまた違った場所の名作だと思ってるし
構成要素はよく似ているけどね。ナウシカはナウシカでまたちょっと特殊だと思うし

2018-05-26 03:12 │ from URL

No title

もののけ姫は日本的な(一神教以外の多神教神話もそうだけど)昔話っぽいプロットにしてると理解しているよ。
欧米はそういうの少ないだろうしね。だいたいがシェークスピアとか劇作家が作ったお話みたいなのに慣れ親しんでいて、多神教の国みたいな古くから語り継がれてきた伝説とかに慣れ親しんでないと「?」ってなる部分は多いかもね。

2018-05-26 03:20 │ from URL Edit

No title

宮崎駿及びジブリの作品で好きだったのはカリオストロ、ナウシカ、ラピュタだけ。
それ以降は全部つまんない。

2018-05-26 06:31 │ from wURL

No title

パヤオの映画は、後半が独りよがりになるのが多いからな。
もののけ、千と千尋、ハウルとか。
世界観とか前半のつかみはすごくいいんだけど、
後半がパヤオワールドを詰め込みすぎて、理不尽な展開になる。
ラピュタ、魔女宅あたりは、2時間でうまくまとまってるから面白い。

2018-05-26 07:32 │ from URL

人とは違う俺カッコいいアピールすき

2018-05-26 14:28 │ from URL

アシタカが死に間際に“そなたは美しい”と言われて、サンが、もののけに成りきれない抗い難い人間の感性に囚われたとは解釈出来なかったのかね?

あと玉の小刀を貰って“綺麗”と言った、一言のところも。
その辺りは意図をもって台詞があったと感じたけどな。

2018-05-27 01:17 │ from URL

No title

説明台詞と話を進めるパートを全部見落としているのに驚いた。修正入りまくりの
ジュニア向けでも見たんだろうかこの人。

2018-05-27 15:11 │ from 小岩変電所URL

No title

観て分かんないなら
その程度のセンスってことじゃないの。
身の丈に合った映画を観ろよ。
娯楽を楽しむことにだって才能は必要なんだぜ。
世の大人はだーれもそういうこと教えちゃくれねーけどな。
才能が無い奴は傑作だって観ても面白かねーよ。

2018-05-27 17:37 │ from URL

No title

つうか、何が凄いのかわかんないって
ものを何で理解しようとする。
自分の趣味に合わないモノなんてどうでもいいだろ。
さっさと忘れて、次に行けばいいのに何で執着する・・・。

2018-05-27 17:40 │ from URL

No title

トトロを観て「ヤマなしオチなしでどこが面白いのか理解不能な映画」と評する外国人の話を聞いて、日本人とのあまりの価値観の違いに驚いた覚えがあるけど、
やはり、そういった外国人の価値観って海外では結構多数派なんだなぁ。
トトロは徒然な時間の流れ、もののけ姫は自然(サン)と人間(アシタカ)との邂逅。
つまり恋愛なんて話の流れに全く必要ないのに。

2018-05-27 18:41 │ from URL

No title

まあ面白くないってのが普通やろ。
神隠しもたいして面白くないぞ。

2018-05-27 19:16 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

アホか、どこの普通だよ?w
世間で認められてるからこそ
評価が高いのに

2018-05-27 20:45 │ from URL

No title

見た時の自分のコンディションにもよるかもなあ。
合う合わないもあるし、楽しめなくてもいいと思うが、
しかしやっぱり自分との感じ方のギャップに驚くわ。

エボシは元々完全な悪人でも無いし、寧ろなかなか懐ろの深い女傑として描かれてた思うんだが。
主人公らは何処か惹かれる部分はあったかもしれんが、ロマンスとかとより自分の生きるフィールドを自覚しての、ある意味現実的な選択結果だった。
あれで二人きりでアシタカが森で暮らしたり、サンが村で過ごす方が、その後が悲しい展開になると思うわ。

2018-05-28 00:01 │ from URL

No title

俺の中では宮崎駿は紅の豚で終わってる。

2018-05-28 16:22 │ from 名無しさん@PmagazineURL

No title

そりゃロマンスを期待したらがっかりするよね。描写は少ないし。
どっちかっていうと自然を切り拓く人間と自然の生き物の戦い。

1.鉄鋼は必要だよ。もう一度村をやり直す話。エボシはそんな大きく変わったわけでもないと思う。元々自分の村のためにがんばってる人。また森を切り拓くかもね。でも、もしかしたら少しはサンと話し合うかもしれないってくらいだと思う。また、森を切り拓くとなればサンと争うことになるかもしれないけど、そうならないようにアシタカが止めようとするだろう。
エボシが明らかな悪人に見えてたなら完全な見間違い。人間側からしたら恐ろしくも人望の厚い英雄であり善人。

2.帝はシシガミの頭で不老不死になれると思ってるって思ってるんじゃないかな。不老不死の噂があるってのは説明されたはず。

3.サンは人間を憎んでいたが、はじめて人間に命を助けられたことに戸惑った。人間の男に初めて美しいと言われて今までにない感情になったんだろう。それからも必死にサンたちを助けるアシタカを見て心惹かれていったように見える。アシタカが恋に落ちたのは一目惚れっぽい。男は単純ってことかもね。生き方に美しさを感じたとか庇護欲かもしれないけど。

4.愛し合っても同じ場所では暮らせない。それが山犬と人間。つまり、自然と人間ということなんだろう。

5.猪の一族は自分達の村が人間に次々に破壊されて、追いやられ、何匹も憎しみで呪われていった。ここままただの馬鹿な餌になるのに怯えた猪が玉砕覚悟で突撃した。俺は同情する部分は大きいと思う。もしかしたら日本人だから理解しやすいのかもね。醜く恥にまみれて生きるより、意地を突き通す死を選ぶ。愚かかもしれないけど、よくわかる。

2018-05-28 20:12 │ from あじURL

モチベーションの一つに、「動物農場」的な寓話をやりたかったってのと、網野善彦的な日本史観を映像で見せたかったのがある
そこが見えてないと、映画の中で何がしたいのかわからんだろう
まずパヤオはガチの左翼で、当時の国際的な政治状況に割と本気で悩んでたって認識がいるが、もうブランドが確立したスタジオの大作エンタメでそんな事やるとは普通の観客は思わないので、あんまり伝わってない
パヤオも高畑勲も、大衆エンタメ作家としてはどこかおかしい

2018-05-29 12:39 │ from URL

No title

大人になってから見るとちょっとメッセージがダイレクト過ぎて説教っぽいかなぁって思う。
紅の豚も、もろに反戦てメッセージが込められてると思うけど、何故か押しつけがましく感じない。なんでだろ?

2018-05-30 10:03 │ from     URL

No title

そもそもの話、この話で出てくるところの「森」をフォレストとしてしか受け取れないならそれまでだと思う、アニミズム、シャーマニズム的な神秘、畏れ、偉大さ、恵み。それに対しての神殺しを軸にした話なんだから



2018-06-02 00:33 │ from URL

ハリウッド映画みたいなのを期待してたのねw
まあ日本人が見たって微妙だけど

勝手に日本人の総意みたいな意見出すなアホ

2018-06-12 11:54 │ from URL Edit

No title

文中で省略されている「RT」というのはロッテントマト(有名な映画批評サイト)の事だと思います。

2018-08-23 16:05 │ from URL

No title

Q エボシは最後に魔法でも掛かったみたいに変わってしまった。腕を噛み切られて村を壊されて、で、結局森の下にある鉄鋼はもういらない!っての?この心変わりを論理的に説明できる?

A燃料(森)が朽ち果てたので鉄を作ることができない

帝の意図も作中で説明されているのに見逃してるし、英訳がうまくできてないか、投稿者の観察力がないんだろうな…

2018-10-28 11:48 │ from URL

No title

宮崎さんの思いが何も伝わってなくて草

2018-11-03 17:14 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/84-8f7a22a2