【ワンピース】海外「ワンピースは長く続きすぎた」 - 海外の反応 カレー語 -華麗なる誤訳-


【ワンピース】海外「ワンピースは長く続きすぎた」

前回に引き続き、アニメ版ワンピースの海外の反応です。
前回は絶賛レビューの翻訳だったので、今回はどちらかと言えば批判的なレビューを翻訳。

関連記事:【ワンピース】海外「ひとことで言うならワンピースは完璧だ」

スポンサードリンク


『ワンピース』海外の反応


2017年4月5日 評価:5点/10点
宮崎駿が言ったように「変化のないキャラクターはつまらない」
ワンピースは「2年後」のワンピースは正にその良い例だ。
最初は欠点はあるものの、予測のできない驚くような冒険だった。ワクワクするようなシーンに、仲間との絆。その世界観に構築されたダークで、それでいて何処か間の抜けた感じの美しい調和。精神年齢5歳の甘やかされて育ったガキが海賊王に成り得ると信じさせる説得力があった。

ルフィはアニメばトム・クルーズみたいなものだ。小さいが壮観な離れ業をやってのけることで大きく見える。とてつもなく可愛い(と最初は思える)ニヤニヤ顔に、少し純真なところがある。そして彼には素晴らしい仲間がいる。恋に落ちずにはいられないようなキャラクターたちだ。しかし恋するなんていうのはいつだってうわべだけの出来事だ。一歩引いて見てみれば、どれもステレオタイプのキャラクターばかりだと気が付く。臆病者。アル中。女たらし。筋肉男。変態じじい。たった一人本当に人間らしいキャラクターといえば、ただ静かに人の心を掴んで離さないロビンぐらいだろう。彼女がシリーズの最初から登場していたらと思わずにはいられない。

500話目あたりで、一味は2年間別々の道を歩む。ルークがヨーダからフォースを学んだようにルフィは孤島に隠れ覇気を学ぶ。彼は行動の面では多くのことを学んだが、残念ながら知性の面においてはそうではなかったようだ。
ルフィが一味のキャプテンとしてではなく、兄や姉を見るような「弟」として仲間と再集結した瞬間から「ワンピース」と呼ばれる船は沈み始める。

成長しないルフィにはこの世界は大きくなりすぎたのだ。彼の未熟な性格はもはや楽しめるものではなくなった。尾田は彼を「キャラクター」にするのではなく「ありふれた公式」に据え置くことに満足しているようだ。楽しいシーンでは安っぽく、アクションシーンでは果敢で誠実・・・のように見える。だが、その誠実さも今となっては見掛けだけだ。何故ならそれはルフィの本質ではないからだ。ドナルド・トランプがアメリカ国民に対して約束した、幻の理想郷と同じだ。

海賊王を目指す、という作品に必要な主人公は子供ではなく強いキャラクターなのだ。この作品がコメディだったらそれも問題なかった。だが、時に重いドラマを内包するこの作品は、尾田が描くには過ぎた野望なのだ。作風の変化には一貫性がない。時にそれは喜劇風で、時にそれは真剣だ。
そしてしばしば、ジェノサイドのような暗いストーリーが二元的に描かれ、薄っぺらいメッセージを伝えながら過去の話に繋がっていく。例えばロビンは、かつて苦難とともに生きたディズニーアニメの少女のようなドラマティックな世界に生きる大人の女性だが、彼女にとっての王子様は、と言えばコメディ世界の子供達なのだ。

これは尾田がキャラクターたちを見下すことでその品位を貶めている多くの例の1つだ。彼はキャラクターに共感を引き起こすには彼らを子供のように純粋であるように見せる必要があると勘違いしている。ルフィの兄、エースのようなイケてる男が泣き虫坊やに成り下がったように。まったく尾田の持つ哲学は私たちの知性に対する侮辱でしかない。赤ちゃんに母乳を与えるみたいに感動的なシーンを見せてるのだ。

悪魔の実のコンセプトは最初はイケてたが、今は全くもって馬鹿馬鹿しく、ゲームから盗んできたアイデアみたいだ。強すぎる力や似たような能力の実が多すぎるし、キャラクターも増え過ぎた。彼らの内の何人か、いや実際のところ大半はルフィやその仲間より魅力的になってしまった。2年間のタイプスキップ以来、麦わらの一味はすっかり魅力を欠いてしまい、アホみたいな格好したやつらばかりだ。1レベルぐらい上で良いだろうっていうような敵でもいつも彼らより2レベルは強くて、彼らが本当に強くなったのかさえ分からない。その結果戦闘はいつも使い回しのように感じる。

ワンピースは長く続き過ぎ、その旅路の長さの割にどこにも到達していないように感じる。

ONE PIECE 90 (ジャンプコミックス)
翻訳元:【MAL
スポンサードリンク

   にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
非公開コメント

ワンピースやナルトみたいな超長期アニメこそ総集編映画が必要だと思う

2018-09-15 03:04 │ from URL

何か色々と言ってるけどこの人は大人になってしまってワンピを読むのに向かなくなったただそれだけの話だと思う
ゴチャゴチャと考えながら読む漫画じゃないのよ

2018-09-15 09:24 │ from URL

No title

>どこにも到達していないように感じる。

この評論もどこにも到達していないように感じる。

2018-09-15 19:34 │ from URL

No title

いくらつまらなくても、飽きられてもジャンプの編集部が連載を止めさせてくれない。
ヒット作がないから連載が終わったらジャンプも終わるから必死なんだよね。

2018-09-15 19:46 │ from 中道保守改めたぬきおやじURL

No title

長く続きすぎたって言うか、編集が引き延ばしをやり過ぎた
本来の構想では40巻くらいで終わる予定だったと言うしね

要するに編集部が無能だらけになったんだよ
それは今の連載陣を見ても明らか、昔なら連載に値しない作品が跋扈してるし
アニメ業界が短クール化してからは軽々にアニメ化される作品が氾濫するようになった

ドラゴンボールの時代なんかはアニメ化は社会に広く認知された証明であり、
作家・作品にとって厳然たるステータスだったものだがな

2018-09-15 19:49 │ from 名無しのかめはめさんURL

No title

確かにストーリーが幼稚で深みがない

2018-09-15 20:00 │ from URL

No title

尾田の持つ哲学は私たちの知性に対する侮辱でしかない。


知性持ってる奴はワンピース読まねえだろ

2018-09-16 16:58 │ from 名無しURL

No title

そんなのワンピース読者がみんな知ってることさ
それでもワンピースを見続けるんだよ
よくわからんがワンピースってそういうもんなんじゃないの?見てないけど

2018-09-16 23:21 │ from URL

No title

作者本人が子供の為に描いてるって言ってるように
いい大人が真面目な顔して読む漫画じゃないんだって。
まあ昔に比べてクオリティが落ちてるのは確か

2018-09-20 12:24 │ from URL

トラックバック

http://transover.blog.fc2.com/tb.php/93-7b07132d